自分で企画して自分で手配する自分で作る留学を応援するオンライン無料留学エージェント
ワーホリビザ申請方法2−2・CIC申請

 

*画像は全てクリックすると拡大されます。ウェブサイトはデザイン変更される事があり、画面サンプルと見た目が異なる事がありますが、質問内容が同じであればサンプルを参考にそのままご利用いただけます。

招待レターが来たら

招待レターをダウンロードして、申請期限などを確認しましょう。

2016WH招待レターのダウンロード1(IEC invitation..のエリアをクリック)


2016WH招待レターのダウンロード2((招待レターのダウンロード2、click「here」をクリック)

(1)まず、招待レターをダウンロードします。

IEC invitation..のエリアをクリックすると「To view this message. click here.」という行が現れます。その「here」の部分をクリックするとレターがダウンロードできます。

2016WH-invitation -letter

(2)レターには、申請期限(いつまでにstart applicationをおこなうか)や注意事項などが書かれているのでよく確認しましょう。

さて、招待レターの確認ができたらいよいよワーホリビザの本格的な申請です。全てオンラインで行います。

Work Permitの申請

2016WH-1(start applicationおす) 

(3)MyCICのトップページ中段にある「Continue my profile/application, not yet submitted」の右側にある「Start application」をクリックして、Work Permit申請を進めていきましょう。

(4)Start applicationをクリックすると、このような画面になります。

 2016WH-5(名前など入力)

(5)まずはPersonal details です。アカウント作成時の名前があらかじめ入力されているので、念のためスペリングなど再確認しましょう。

その下には「過去に他の姓名を使った事があるかどうか」という質問があります。結婚や養子縁組で苗字が変わった等がない場合は「No」となります。

Nextをクリックして次に進みましょう。

2016WH-6(生年月日、出生地、性別を確認。入力はできない) 

(6)Personal descriptionです。

あらかじめ情報は入力されており、変更はできません。念のため、City of birthが都道府県ではなく、市区町村になっているか確認してください。

Nextをクリックして次に進みましょう。

2016WH-7(婚姻状況を選択)

(7)Marital statusです。

これは婚姻状況の選択で、独身(結婚歴無し)の場合は一番下のNever Marriedを選びます。

Married(既婚)
Leaglly Separated(別居)
Divorced(離婚)
Annulled(無効な婚姻)
Widowed(死別)
Common-Law(内縁)
Never Married/Singel(婚歴無しの独身)

Nextをクリックして次に進みましょう。

2016WH-8(言語について)

(8)Language detailsです。言語に関する質問に答えます。

Native Languageは母国語のことですので、Japaneseを選びましょう。

真ん中の2つの質問は

「母国語が英語とフランス語以外の場合、どちらを主に使いますか?」
「英語かフランス語でコミュニケーションをとれますか?」

という質問です。通常は英語を選ぶと良いでしょう。

最後の質問はワーキングホリデーには関係ないので、Noを選びます。

Nextをクリックして次に進みましょう。

2016WH-9(パスポート情報を入力。上からに番目の隠れているところは、パスポート番号を再入力)2016WH-10(入力が終わったら、click to set this passport..もチェックをいれて「save and add」下に自分の情報が現れる

(9)ID documentsです。パスポート情報を入力しましょう。

事前に入力したパスポート情報が下部に表示されている場合は、何も入力しなくて大丈夫です。

入力をした場合は、Click to set this passport…にチェックを入れて「save and add」をクリックします。その下に入力した情報が表示されるのを確認しましょう。

Nextをクリックして次に進みましょう。

2016WH-11(国籍など入力)

 

(10)Immigration history and citizenshipsです。

上の2つの質問は回答済みで変更できない状態です。

上から3つ目、「母国または現滞在国以外で、過去5年以内に半年以上滞在した国はありますか?」という質問は、無ければNoのまま、該当の経験があればYesを選択して詳細を回答します。

Additional Citizenshipは複数の国籍を持つ人の場合のみ、入力が必要となります。

最後の質問「過去にカナダへビザ申請(Study permit, work permit, visitor visaの申請)をしたことがありますか?」は、実際ある場合はYesとして詳細を記入します。過去に滞在歴があってもワーキングホリデーの許可は取得できますので、正直に申告しましょう。 無ければNoのままにします。

Save and exitをクリックしましょう。

今まで入力した情報が保存されますが、あとで修正することもできます。

2016WH-14(personal details入力完了、次はcontact details)

(11)eServiceのトップ画面に戻ります。Personal DetailsがCompleteとなったことを確認しましょう。

もしCompleteになっていない場合は質問ページに戻り、一番下にあるValidateボタンを押して、どこに問題があったのか確認しましょう。

次はContact Detailsです。2段目のContinue formをクリックして先に進みましょう。

2016WH-15(メッセージやレターを受け取る言語→英語)

(12)Language of correspondence です。

連絡や通知で使われる言語を選びます。通常はEnglishで大丈夫でしょう。

Nextをクリックして次に進みましょう。

2016WH-16(メールアドレス入力→Next押す)

(13)Emailです。

連絡用のメールアドレスです。すでに入力されているので、とくに変更がなければそのままで大丈夫です。

Nextをクリックして次に進みましょう。

2016WH-17(電話番号と国) 2016WH-18(入力完了したら「save and add」) 2016WH-19(このように表示される)

(14)Telephoneです。

電話番号を入力しましょう。Telephone Typeは以下の3つから選びます。
Residence:自宅
Business:会社
Cellular:携帯
そしてCountryは「Canada/US」「Other」から選択します。日本在住ならOtherを選びます。

Country Code(国番号)は日本の場合「81」と入力してください。カナダに居る場合は「1」です。

Telephone No.は電話番号を入れますが、日本の場合は先頭のゼロを省いて入力してください。
例:電話番号が080-1234-5678なら、「80-1234-5678」となります。

Save and addをクリックすると、その下に表示されるので内容を確認しましょう。

Nextをクリックして次に進みましょう。

2016WH-20(Residential address) 2016WH-21(Save and exit押す)

(15)Current mailing addressです。

現住所を入力します。

上から順番に、
・部屋番号
・ストリート番号(日本の住所では番地にあたります。ハイフンは使用できないため、代わりに空白を入れましょう)
・ストリート名1(日本の住所では町名にあたります。例:Yoyogi)
・ストリート名2(日本の住所の場合は入力不要です。)
・国名
・都道府県(例:Tokyo)
・市区町村(例:Shibuya-ku)
・住み始めた年月日
・「郵送先の住所はこの現住所と同じか」 という質問です。何かが郵送されてくることは基本的にありませんのでYesで大丈夫です。

Save and exitをクリックしましょう。


2016WH-22(Contact detailsが終了、次はapplication detailsの「continue form」をクリック

(16)eServiceのトップ画面に戻ります。Contact DetailsがCompleteとなったことを確認しましょう。

もしCompleteになっていない場合は質問ページに戻り、一番下にあるValidateボタンを押して、どこに問題があったのか確認しましょう。

次はApplication Detailsです。3段目のContinue formをクリックして先に進みましょう。

2016WH-23(過去にIEC申請しましたか)

(17)Application detailsです。

「過去にIEC(ワーキングホリデーのこと)に参加したことはあるか」という質問です。ワーキングホリデーは初参加が条件となっているので、必ずNoを選んでください。

Nextをクリックして次に進みましょう。

2016WH-24(ビザ申請情報)

(18)Intended work in Canadaです。

ここはすでに情報が入力されていて変更できません。

Nextをクリックして次に進みましょう。

2016WH-25(back ground questions 1〜5)yesかNoを選ぶ 2016WH-26(back ground questions 6〜9)→save and exitおす

(19)Background Questionsです。

以下9つの質問が表示されています。Yesと答えた場合ビザ申請に影響がある可能性がありますが、正直に答えましょう。該当しない場合はNoと答えてください。

質問1)過去2年間にあなた又は家族が肺結核を患ったり、患った人に近づいた事はありますか?
質問2)カナダ滞在中に薬物治療以外のサービス・サポートが必要な、身体的・精神的な病気を持っていますか?
質問3)過去にカナダで滞在期限を超えて滞在したり許可なしに就学や就労した事はありますか?
質問4)カナダまたは他の国で、ビザや許可申請を拒否されたり、入国拒否や強制退去となった事はありますか?
質問5)以前にカナダ入国または滞在延長の申請(study permit, work permit, visitor visa)をした事はありますか?
質問6)国を問わず、犯罪などをして逮捕された事はありますか?
質問7)過去に軍隊、民兵、国民防衛団、または警察に仕えた事がありますか?
質問8)目的を達成するために暴力や犯罪的な行為がかかわる政治団体に属した事がありますか?
質問9)市民や囚人の虐待、宗教施設の略奪や冒涜に関わったり目撃した事はありますか?

Save and exitをクリックしましょう。

2016WH-27(Application detailsおわり→Work and education historyの「continue form」クリック)

(20)eServiceのトップ画面に戻ります。Application DetailsがCompleteとなったことを確認しましょう。

もしCompleteになっていない場合は質問ページに戻り、一番下にあるValidateボタンを押して、どこに問題があったのか確認しましょう。

最後はWork and education historyです。4段目のContinue formをクリックして先に進みましょう。

2016WH-29(勤務中の人は、ongoingをクリック。すると終了日が消える) 2016WH-30(勤務先情報を入れる。Job titleの候補が、100ぐらいあって選ぶのが大変ですが、一番近いものを選びましょう) 2016WH-31(Work history入力完了→nextをおす)

(21)Work historyです。

過去10年間の職歴を全て登録します。新しいものから順に登録していくとよいでしょう。

まだ勤務中の方はOn goingをクリックしてください。End dateが消え、入力の必要がなくなります。

Occupation(職業)は以下から業種を選びます。
Homemaker(主婦)
Retired(退職)
Student(学生)
Unemployed(無職)
Art, Culture, recreation and sport(芸術、文化、娯楽、スポーツ)
Business, finance and administration(一般、金融、管理)
Education, law and social, community and government Services(教育、法務、社会、行政)
Health occupations(医療関係)
Management occupations(管理)
Manufacturing and utiliities occupations(工場、公益事業)
Military/armed forces(軍隊)
Natural and applied sciences(自然科学、応用科学)
Natural resources, agriculture(資源、農業)
Sales and service occupations(サービス、販売)
Trades, transport and equipment operators(貿易、運輸、設備)
大まかな判断で良いでしょう。例えば飲食・接客業は、Sales and service occupationsになります。

選択すると、その下に入力フィールドが追加されます(主婦、学生、退職、無職は除きます)。

増えた入力フィールドから、会社名(Name of Company..)、職種(Job title)を入力します。

会社名は英語の正式名称がわからなければ日本語の社名をローマ字で入れても良いでしょう。
職種はプルダウンメニューから多くの選択肢が表示されますが、一番近いと思われるものを選びましょう。

Countryでは会社がある国を選びます。

Save and addをクリックすると、その下に表示されるので内容を確認しましょう。

複数の職歴がある場合は以上を繰り返し、入力が終わったらNextをクリックして次に進みましょう。

Yesを選んだ場合2016WH-32(Education historyを入力)Noを選んだ場合
2016WH-33(post-secondary educationを受けていない人は「No」を選択、Noバージョンの画像です

(22)Education historyです。

高校卒業後の学歴(大学、短大、専門学校など)がある場合はYesを選び、詳細を入力していきましょう。

最終学歴が高校の場合はNoを選び、そのままSave and exitをクリックします。

2016WH-34(Education historyを入力続き) 2016WH-35(Education history入力終わったら「Save and add」→Save and exitを押す

(23)Education historyでYesを選んだ場合、学校の情報を入力していきます。

Start Date:入学年月
Expected Completion Date:卒業見込み年月(翌年以降は指定できません)
Name of School/institution:学校名
Level of Study:学業レベル
Bachelor’s degree:学士号
Master’s degree:修士号
Non-university certificate/diploma:大学以外のプログラム
PhD:博士号
Secondary:中等教育コース
Trade/apprenticeship:交換・見習いコース
Field of Study:専攻分野
Country:国

Save and addをクリックすると、その下に表示されるので内容を確認してください。

Save and exitをクリックしましょう。

2016WH-37(2016WH-35の次の画面。すべて入力終わったら、statusがCompleteになる→continueをクリック)

(24)eServiceのトップ画面に戻ります。すべてCompleteとなったことを確認しましょう。

すべてCompleteになるとContinueというボタンが下に表示されます。クリックして先に進みましょう。

 

yajirushi-2CIC申請2-3へ進む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 留学エージェントU23 All Rights Reserved.