自分で企画して自分で手配する自分で作る留学を応援するオンライン無料留学エージェント
ワーホリビザ申請方法1 2016年

 

ステップ1はIECの申請です。こちらはワーホリビザを取得する資格があるかどうかの審査です。
申請はこちらのIECの申請ページから。

資格があるかどうかの審査はこちらから。

下記の順でIEC申請を進めていきます。まずは資格があるかどうかの審査からです。

1.申請資格の有無のチェックをし、Reference codeを取得

2. MyCICアカウント作成 *ラウンド期間内に招待状が届くまでの間にやっておくと、その後スムーズです。

3.IEC申請(抽選枠への登録) *しばらくすると登録完了(=抽選枠に入った)のレターが届きます(申請や審査が開始されたことを示すものではありません)。

4.必要書類を準備 *同上

5.必要書類の提出、申請料の支払い *招待状が届いてから、MyCICで手続きを進められるようになります。

6.受付通知書(CAL)が届く *許可がおりたら、MyCICにログインして入手します。

 

1.申請資格の有無のチェックをし、Reference codeを取得

資格があるかどうかの審査のページにアクセスします。

*画像は全てクリックすると拡大されます。ウェブサイトはデザイン変更される事があり、画面サンプルと見た目が異なる事がありますが、質問内容が同じであればサンプルを参考にそのままご利用いただけます。

 

(1)Startをクリックして進みます。

(2)Check your eligibilityをクリックして進みます。

(3)ワーホリビザ申請の人は左図のように選択してください。

*現在住んでいる国が日本以外の人は、4つめの質問でJapan以外の国を選択してください。(必ず正直に選択してください。)

*最後の質問は、ご自身の生年月日を選択してください。

(4)「カナダでの就労経験や旅行のアレンジを、あらかじめ指定機関にておこなっているか?」という質問です。

ワーホリでは関係ないのでNoを選択します。

eligibility5 

(5)「永住権を持つ国はどこか?」という質問です。Japanを選びます。

eligibility6

(6)「就労経験のアレンジを受けたりインターンシップをする予定はあるか?」という質問です。
ここではNoと答えておきましょう。実際にインターンシップを希望している場合でも、質問の意図とは関係がないのでNoで大丈夫です。

eligibility7 

(7)1つめは「カナダの雇用主からのレターやインターンシップの同意書などはあるか?」という質問です。これは必ずNoと答えて下さい。

2つめは「自分の国で短大または大学の学生ですか?」という質問です。その通りならYes、違うならNoと答えましょう。どちらでも問題ありません。

eligibility8 

(8)ここでようやく「ワーキングホリデー」と出てきます。

Continueを押すとYour Resultいう画面になってReference codeが表示されます。とても重要なのですぐにスクリーンショットを撮ったり、印刷したりしてください。文章の中にも「印刷しておくこと」と出てきます。

eligibility10-ReferenceCodeページ下部

(9)ページ上部にReference codeが表示されます。繰り返しますが、これはとても重要なのですぐにスクリーンショットを撮ったり、印刷したりしてください。文章の中にも「印刷しておくこと」と出てきます。

2.MyCICアカウント作成

Reference Codeが取得できたら、次はMyCICアカウントの作成です。まずはGC Keyを設定するため、こちらのページにアクセスします。

*画像は全てクリックすると拡大されます。ウェブサイトはデザイン変更される事があり、画面サンプルと見た目が異なる事がありますが、質問内容が同じであればサンプルを参考にそのままご利用いただけます。

 

GCKey1 

(1)Continue to GCKeyをクリックします。

ここはMyCICにログインするたびにアクセスするページです。覚えておきましょう。

(2)ログインページです。初めての人は右側にあるSign Upをクリックしましょう。

(2回目以降はUsername, Passwordを入力してSign Inすることになります。)

GCKey3 

(3)I acceptをクリックします。

GCkye4 

(4)Usernameを設定します。オレンジ色枠内に書いてある通り、以下の条件に気をつけてください。枠内のチェックが全てつかないと、先に進めません。

・ 8~16文字
・ 記号は含めない
・ 数字は最大7つまで(含めなくても良い)

*自分の名前をローマ字にしたものがわかりやすくて良いかもしれません。必ずメモしておきましょう。

GCKey5

(5)Passwordを設定します。オレンジ色枠内に書いてある通り、以下の条件を満たすよう気をつけて設定してください。枠内のチェックが全てつかないと、先に進めません。

・8~16文字
・ログイン名と同じ文字列が3つ以上続かない
・有効な文字
・小文字を含む
・大文字を含む
・数字を含む
・作成パスワードと確認用パスワードが合っている

*覚えやすく、他人から想像しにくいものにしてください。必ずメモしておきましょう。

GCKey6

(6)IDやパスワードを忘れてしまったときのため、復旧用の質問・答え・そのヒントを設定します。

質問は選択式になっているので、その中から選ぶようにしてください。

*上記は例なので、まったく同じにせずにご自身で設定してください。質問・答え・ヒントは必ずメモしておきましょう。これを忘れると、全部最初から設定し直しになります。

GCKey7 

(7)Sign Upの設定が完了しました。

Continueをクリックすると、次はMyCICアカウントの作成に進みます。

MyCIC1

(8)ここからようやくMyCICアカウントの作成です。I Acceptをクリックします。

(9)自分の情報を入力します。

・Given Name:名

(例)Kensuke パスポートと同じ表記にしてください。

・Last Name:姓

(例)Utsumi パスポートと同じ表記にしてください。

・Are you 16 years of age or older?:16歳以上かどうかの質問なのでYesに変更します。

・Email Address:メールアドレスです。今後の連絡に使われますので、間違いの無いよう気をつけてください。

・Preferred language of notification:言語を選びます(英語かフランス語)。英語希望ならEnglishのままで大丈夫です。

MyCIC3

(10)MyCICアカウントでは、自分で質問・答えを用意します。これは今後MyCICにログインするたび、毎回聞かれる重要な設定です。が、あまり難しく考えず左図の例を参考に入力していきましょう。

*こちらはあくまで例なので、各自で設定するようにしてください。質問・答えは必ずメモしておきましょう。

 

(11)これでようやくMyCICアカウント作成完了です。

*MyCICのアカウント作成ではパスポート番号等を入力することはないので、ビザ切り替え予定の人も作成可能でしょう。

 

 yajirushi-2(ワーキングホリデーについてよくある質問)

yajirushi-2ワーホリビザ申請方法1-2へ進む

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 留学エージェントU23 All Rights Reserved.