自分で企画して自分で手配する自分で作る留学を応援するオンライン無料留学エージェント

ワーキングホリデーガイド

ワーホリでできること

eri自分で考え行動できる人には最高のワーホリ。自分次第で可能性は無限大です。実際にカナダのワーホリでどんなことができるのかを簡単にご紹介します。

6ヶ月以内の就学

ワーホリメーカーの多くは、初めの数ヶ月間は語学学校に通います。語学学校では、日常会話程度の語学力習得はもちろんのこと、友達作りや情報収集もできます。仕事をするにも英語力は必須です。英語ができるればできるほどカナダライフが楽しくなります。

 

 

ホームステイMegumiTakada1

ワーホリのスタートはホームステイが一般的です。ホームステイは、お客さんとしてではなく、家族の一員として、カナディアンと同じ屋根の下で暮らすことができます。もちろんカルチャーショックを受けることもあるでしょう。それはまさに海外で生活をしているからこそです。

アルバイトWH-working

ワーホリビザならアルバイトもできます。仕事先は、ジャパニーズレストラン、コーヒーショップ、ツアーガイド、日系企業での事務などが多く、やる気と能力次第でいろいろな仕事をすることができます。少数ですが、そのままワークパーミット(就労ビザ)を取得して就職する人もいます。

 

インターンシップWH-intern

帰国後の就職を真剣に考える人におすすめなのがインターンシップ。カナダの企業で働く経験は、就職活動で自己PRになります。インターンの配属先は、地元の小さな企業から、大企業まで様々です。中には日本では難しいような有名企業でのインターンシップをされている人もいます。

ボランティアWH-volunteer

カナダは世界有数のボランティア先進国です。ボランティアと一口に言ってもいろいろあります。一般公募のボランティアもあれば、自分が仕事をしたいところでボランティアを見つける人もいます。ボランティアの紹介をしている語学学校もあります。

ファームステイYukariNakamura1

ファーム(菜園、農場など)で住み込みで働くかわりに、住居と食事(3食)が支給されるというものです。春から秋にかけて、また郊外や地方都市での需要が多く日本人も少ないと聞いています。ファームでのお仕事は厳しいとは思いますが、そんな経験からきっと何か得るものがあるでしょう。

お稽古・習い事WH-hobbies

趣味や好きな事など共通の話題があれば会話が弾むのは、日本人以外のお友達とも同じです。習い事など通じて現地の人との交流をはかることができます。日本同様のスクールもありますし、コミュニティセンター(日本でいうカルチャーセンターのようなもの)では良心的な費用で数ヶ月のコース等を設けているとこもあります。

旅行WH-travel

カナダは世界で2番目に広い国です。カナダ国内だけでも魅力的な観光地がたくさんあります。世界3大瀑布のナイアガラの滝を筆頭に、メイプル街道、ロッキー山脈、イエローナイフのオーロラ・・・等あげだしたらきりがありません。アメリカと陸続きなので、トロントからNYまで格安バスツアーもあり、ワーホリメーカーに大人気です。

その他WH-experience

その他にも様々な可能性があります。ある生徒さんはカナダを自転車で横断したり、また別の方は生涯のパートナーを見つけられました。自分次第で本当に貴重な経験ができるかもしれない、ワーキングホリデープログラムとはあなたにとってとても素晴らしいチャンスです。

 

 

ワーキングホリデーガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 留学エージェントU23 All Rights Reserved.