自分で企画して自分で手配する自分で作る留学を応援するオンライン無料留学エージェント

ワーキングホリデーガイド

ワーホリの持ち物

大都市で買えないものはほとんどありません。持ち物はなるべく少なくし、必要になるかもしれないものは段ボールに詰めておき、必要になったら家族に送ってもらいましょう。飛行機内も寒いので、渡航日は必ず羽織れるような暖かい服を用意しましょう。

 

コンタクトは日本で購入して行った方がいい?

コンタクトはカナダでも購入できますが、検眼料が$75程度かかります。もし処方箋等をお持ちの場合、ネット販売で購入することが可能です。

メーカーが同じで、商品名が同じ(ワンデーアキュビュー、ワンデーアキュビューモイストなど)、そしてカーブの数字や視力の数字さえ間違わなければ、すべて同じものになります。ケア用品も日本と同じようなものが手に入ります。

もちろん、ネット販売は日本でも利用できますので事前に購入して持っていくこともできます。
コンタクトレンズの通販なら【eyeland】 yajirushi-2

カナダの生理用品はどうなんでしょうか?

ナプキンでもタンポンでも、カナダで購入可能です。日本と全く同じブランドのものはありませんが、薄型、羽根つきなど、日本のものと似たようなものを購入することができます。

しかし、質について、少しずつ品質改良されているものの、正直日本の方が良いと言えます。 使い慣れたものが良いと思う方は、日本からある程度持ってきています。ただし日本から1年分持って来るとなるとかなりかさばると思いますので、数ヶ月分だけお持ちになり、現地で様子をみて、どうしてもと思ったら日本から送ってもらっても良いかもしれませんね。ちなみに、こちらは生理用ショーツは売っていません。

日本から持って行くべきものは?

日本から持って来た方がいいと思うのは、パソコン、デジカメ、電子辞書、変圧器などの電気製品です。こちらで日本製は高いですし、しかも13%の税金までかかります。

電子辞書は留学生には必須アイテムですね。英和/和英の電子辞書などはなかなか手に入りません。
おすすめ電子辞書はこちらyajirushi-2

それから、カナダ以外を旅行しようと思っている方で、日本語のガイドブックの方が馴染みやすいという場合は日本で買って来ることをおすすめします。特にニューヨークなどアメリカ東海岸系の需要が高いですね。 また、耳かき、爪切り等はいつも使っているものを持ってきておいた方が良いかもしれません。あと、医薬品、化粧品など、自分に合うものは当面の分を持って来るとよいでしょう。

また飛行機の中や移動中に役立つアイマスクなど度の小物もあると便利です。留学用品の準備は、ネット通販で旅行専門ショップなどを利用すると品揃えも多く便利です。スーツケースなども種類が豊富です。
楽天度の雑貨店yajirushi-2

 
 

ワーキングホリデーガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 留学エージェントU23 All Rights Reserved.