自分で企画して自分で手配する自分で作る留学を応援するオンライン無料留学エージェント

ワーキングホリデーガイド

FAQ(準備編)

eriワーホリの準備でよくある質問をまとめました。ここで見つからない質問があればお気軽にお問い合わせください。

海外留学生保険

Q.6~7万ぐらいの格安保険でも大丈夫?

日本の保険会社の最安値プランや現地の保険会社では、1年間で6~7万円という格安保険があります。安いのには理由があり、保険はよくわからないなら「とりあえず安いのでいいや」と、安易に格安保険に選ぶのは非常にリスクが高いです。 日本の海外旅行保険なのに、賠償責任や携行品がついていないか、もしくは補償額が十分でありません。治療費用も補償額が不十分で、風邪で病院に行ったぐらいなら大丈夫だけど、ちょっと大きな事故や病気になると全然足りないというものがあります。

現地の保険会社の海外留学生保険は、治療費用については十分な内容ですが、医療保険のみで、損害賠償や携行品がありません。 安物買いの銭失いにならないようにしましょう。


Q.クレジットカードの付帯保険でも大丈夫?

クレジットカードの付帯保険は短期旅行者向けで90日間しか補償されません。またゴールドカードでも補償額が不十分だったりします。バラ掛けで足りない部分だけ保険に入る方法もありますが、いろいろ調べてシュミレーションしたけど面倒なので結局ワーホリ向けのセットプランにしたというのもよくある話です。

 

お金の持っていき方

Q.現金、クレジットカード、送金とどの方法が良いのでしょうか?

現金とクレジットカード、国際キャッシュカード、キャッシュパスポート などを組み合わせて持って行く方が多いです。ホームステイや学費は既に日本でお支払いいただく方が多いと思いますので、盗難や紛失を考え現金は最小限にされることをおすすめいたします。

現金は、長期であれば口座を開き送金を待つまでに必要な1ヶ月の生活費$300〜500程度、短期であれば1ヶ月$300〜500程度を目安とし、後はクレジットカード、国際キャッシュカード、キャッシュパスポートのいずれか、または複数を組み合わせてご用意ください。

 
 
 

ワーキングホリデーガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 留学エージェントU23 All Rights Reserved.