自分で企画して自分で手配する自分で作る留学を応援するオンライン無料留学エージェント

ワーキングホリデーガイド

ワーホリの費用

ワーホリメーカーの知恵を結集させた節約術をご紹介します。とにかく費用を抑えたいという気持ちは痛いほどわかりますが、節約は手段であり節約生活を体験するのは目的ではないはずです。

本来の目的を見失わず、カナダでの限られた貴重な時間の節約もお忘れなく。

 

ワーホリメーカーは、現地でのアルバイト収入を念頭に置いている方も多いかと思います。しかし、アルバイトで得られる収入は就業形態にもよります。レストラン等でフルタイム週5~6日働いて、なんとかこちらでの生活費をまかなえる程度です。

仕事が見つかるタイミングや希望通りのシフトに入れるという保証はありません。もちろん生活費を賄えるだけ稼いでいるワーホリメーカーもいます。ただし上記のことを考慮してある程度の余裕は持ってきたほうが良いでしょう。

 

 

 

[bucket id=”6472″ title=”ad-a”]

ワーキングホリデーガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 留学エージェントU23 All Rights Reserved.