自分で企画して自分で手配する自分で作る留学を応援するオンライン無料留学エージェント

ワーキングホリデーガイド

ワーホリ節約術

eriワーホリメーカーの節約の知恵をご紹介します。1ヶ月でも多くスクールに通ったり、旅行に行くことを目標に、塵も積もれば山になるではありませんが、コツコツ節約をがんばっているワーホリメーカーもいます。

 

 

POINT 1. 航空券は安い出発日を狙い、とにかく早く予約

ワーホリ費用で大部分を占める航空券は、出発日を秋や冬の安い時期を選ぶと費用を節約できます。基本的に早ければ早いほど希望の席を安く予約できるので渡航が決まれば早めに予約しましょう。

*注意・・・航空券を手配する旅行代理店は、値段以外の部分にも注意して選びましょう。有名格安航空券比較サイトで紹介されていた旅行代理店が倒産したケースもあります。

航空券 ▶

 

 

POINT 2. 自炊をして食費を節約

食品価格は基本的にはそれほど高くないので自炊をした方が節約できます。カナダのレストランの方が、日本(東京)と比べると比較的安くボリューム満点な場合が多いです。特に、韓国・中華料理はみんなで行けば、かなりいろんな料理を安く楽しめます。例えば、韓国料理なら一品(一人前)$8ぐらいから、中華料理でも一品$8~$10と手頃です。イタリアンやギリシャ料理になると、パスタ一品でも$10~$14くらいかかるレストランもあります。ただ、やはりチップは15%以上支払うのが文化なので、思っていたよりも高くなることは多いです。

それと比較すると、やっぱり自炊の方が安上がりです。徹底して節約するなら自炊をすることです。友達をたくさん誘ってホームパーティーを開くのもよいかもしれません。みんなで材料費を出し合って、料理をするとかなりお得です。お酒を飲むときは、バーに行くのではなく、お酒を買ってきて家で飲むとだいぶ安上がりになりますよ。

 

POINT 3. ディスカウントショップや$1ショップを利用

日本の100円ショップと同じように、カナダには$1ショップがあります。ここに行けば、食器、日用品、文房具、お菓子などある程度のものが揃います。また、チャイナタウンに行くと、食品から電化製品まで安くで購入できますよ。ただ、質はあまり良くないですが。

 

POINT 4.住居はシェアハウスで節約

一人暮らしをするより、1つの家を複数人数でシェアする方が家賃は安くなります。家具つきのお部屋を選ぶと無駄なお金が掛かりません。また、色んな国の人とシェアできるのもカナダならではの暮らし方です。

 

POINT 5.大都市で効率よくアルバイト

日本と同じで地方より、トロントやバンクーバーのような大都市は、求人が比較的多く、日本食レストランやツアーガイドなどの仕事が見つかりやすいです。都会の方が仕事の幅も増え、時給も高くなります。田舎に行けば行く程、需要がないので仕事探しは難しいかもしれません。

POINT 6.国際電話はコーリングカードかインターネット接続で

格安価格で国際電話ができるので、コーリングカードは必須アイテム。安く販売してるところもあるので、利用するとさらにお得です。例えば、CiCiというコーリングカードを使えば、日本の固定電話に掛ける場合、20ドルのカード(U23オフィスでは20%オフで購入可)でトロントから約500分話す事ができます。また、パソコンや携帯電話などでLINEやSkypeを利用すると、インターネット接続料金以外は、無料で話し放題です。電波も比較的安定していますよ。

 

POINT 7.自転車で節約&健康な体作り

セカンドハンド(中古)で購入しても50~100ドルくらいかかりますので、メトロパスやマンスリーパス(1ヶ月分の定期券)を購入するより少し安いくらいの値段です。夏の間だけ使用する場合でも、メトロパスを購入するよりも自転車の方がお得です。ダウンタウン内であれば、ある程度自転車で行動できます。遠出するときにだけ交通機関の回数コイン等を購入して過ごせば、かなり節約できますよ。念のため、カナダで自転車に乗る時は車道を走らなければいけないので気を付けてくださいね。

 

POINT 8.ガレージ/ヤード・セールで節約

日系コミュニティのクラシファイドを利用して、セカンド・ハンド(中古)の良いものを安く購入する。カナダでは、こういった売買がとても盛んです。例えば、家具や家電、自転車など、定価で買うと高価なものも安くで購入できたりするので、とっても節約できます。

 

POINT 9.ハッピーアワー・入館無料日で節約

映画は火曜日が安いです。(2016年2月現在)安い映画館だと、$8前後で映画が見れるところもあります。トロントでは、City of Torontoが企画している無料のイベントやコンサート等に行くのも、お金をかけずに楽しむことができるので、おすすめです。 トロントのほとんどの美術館、博物館では無料で入館できる日時が決まってますので、学校帰りなどに足を運んでみてはいかがでしょうか。もちろん他都市でもあるので、探してみてくださいね。

場所 日時
ロイヤルオンタリオ博物館 毎週水曜15:00以降(12/22まで) 毎週金曜16:30以降、入場料半額
オンタリオ美術館 毎週水曜18:00以降
バータ靴博物館 毎週木曜日の17:00以降、寄付にて
カサロマ(ガーデンのみ) 5月~10月の火曜日16:00-20:00
ガーディナー陶磁器美術館 毎週金曜16:00-21:00、入場料半額

 

ワーキングホリデーガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 留学エージェントU23 All Rights Reserved.