自分で企画して自分で手配する自分で作る留学を応援するオンライン無料留学エージェント
the_title

ビザの切り替え

最近はビザの切り替えを行う方が増えております。特に観光・学生からワーホリへの切り替えをされる方が多く、今のところ大きなトラブルは聞いておりませんが、ビザの切り替えにはリスクがゼロではございません。またビザの種類によっては切り替えが難しいパターンもございます。ビザの種類や手順をよくお読みの上ご検討ください。

ビザの切り替えは、リスク等も考慮された上でご検討ください。

 

よくあるビザの切り替えの種類

  • 学生ビザ→ワーホリビザ
  • 観光(=ビジター/ビザなし)→ワーホリビザ

 

観光→ワーホリビザへの切り替え手順

観光(=ビジター/ビザなし)から、ワーホリビザへの切り替えについて問い合せが増えており、非公式の方法ですがご紹介します。大使館ではビザの切り替えについては案内を掲載しておらず、実際の体験談を元にしています。

ワーホリビザ申請のタイミングについて

初めに観光ビザでカナダへ入国、カナダへ滞在中にワーホリの申請を行うことをおすすめしております。

以前は効率が良い、早く申請できるということから、STEP1まで申請をしてからの入国されている方が多くいました。しかしながら、現在、全ての手続きをオンライン上で申請することができるようになったため、入国審査の際に申請途中かどうかを容易に確認できるようになりました。そのため、申請の途中で入国することは、入国の際に別室で質問を受けるなど高いリスクを負うことになります。ビザ切り替えをお考えの方は、カナダ入国まで一切の手続きを行わないでください。

また、切り替えですが、こちらは国境沿いにある移民局でないと行うことができません。カナダ国外へ旅行をして再入国時にビザを切り替えるなどの方法でビザを切り替えてください。

航空券について

観光ビザでカナダへ入国する際には、例え1年以上の滞在をお考えでも、半年以内の往復の航空券をお持ちすることをおすすめしております。観光ビザでは最大半年までしか滞在することができず、入国時に復路の航空券の提示を求められた際にトラブルを防ぐためです。

入国時の注意

ビザ切り替えをお考えでも、入国時にそのことを管理官には伝えないようおすすめしています。例えば、持っている往復の航空券よりも長い日数の入学許可書を保持しているなど、伝えてしまうとトラブルになりかねず、後の滞在に大きく関わってくる可能性があるからです。ご出発の時期や個人それぞれの状況によっても変わりますので、ビザに関しては大使館へ直接お問い合せをお願いします。

 

観光(=ビジター/ビザなし)→学生ビザについて

観光(=ビジター/ビザなし)から、学生ビザの切り替えはほとんど例がございません。できるだけ避けていただくか、コンサルタントにご相談ください。

 

ビザ切り替えサポート

カナダ現地でのビザの切り替え、ビザ延長や申請に関しては資格を持った弁護士やコンサルタント以外が具体的なアドバイスをすることは違法です。U23では、申請手続き等のアドバイスはプロのコンサルタントをご紹介しております。U23ではサポートは致しかねますのでご了承ください。

 

ビザの切り替え方法については、カナダ政府から正式に発表がありません。ご自身の責任でご検討ください。

 

ビザコンサルタントサポート

有料にてプロのコンサルタントがビザ切り替えをサポートします。ご紹介をご希望の方はご相談ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 留学エージェントU23 All Rights Reserved.