自分で企画して自分で手配する自分で作る留学を応援するオンライン無料留学エージェント
都市

世界第2位の国土を誇るカナダは、もともと公用語が2カ国語ということもあり、国内でも語学教育が盛ん。教育水準が高く、きれいな英語を話すため、留学生に人気の国です。語学以外にも芸術や大自然など見所もいっぱい!帰国前に旅行を楽しむ留学生たくさんいます。留学生に人気の都市を比べてみよう!

トロント

治安が良く、美術館や博物館も多い文化都市でありながら、都会的なビジネス街はカナダ経済の中心地のトロント。オンタリオ州の州都であり、カナダ最大の都市というだけあって、エンターテイメントの施設も充実。海のように大きい湖と丘や森にも囲まれ、街の中にも大きな公園がたくさんあり、自然にも存分に触れることができます。また、オンタリオ州の英語は北米のアナウンサーの標準語となっており、とてもきれいなので、留学生にも人気です。

バンクーバー

「世界一住みやすい街」ランキング常連のバンクーバー。夏場は涼しく、冬場の寒さもそれほど厳しくありません。近代的な都市と、近くに海や山が広がるロケーションが魅力。アジア各国の文化がとても浸透していて、多くの日本食レストランや、日系企業もあり、日本にいるのと変わらないぐらい快適に過ごせます。留学生向けの専門学校も充実しており、学校の数はカナダいちで、質の高い学校が多く集まっています。

ビクトリア

バンクーバー島の南端、ブリティッシュコロンビア州のビクトリアはとても小さな街です。イギリスの文化を感じる雰囲気のある街並みが魅力。カナダ人でも憧れる海に囲まれた都市で、夏場は町中に花が飾られています。温暖な気候と、移民の国カナダではめずらしく街全体での白人率が80%と言われています。アジア系の留学生に人気で、語学学校の中をみると、日本人や韓国人生徒さんといったアジア系の留学生さんが多いのも特徴です。

カルガリー

アルバータ州のカルガリーは、ロッキー山脈にも近く、夏になるとロディオ(競走馬)などのフィスティバルや観光客で盛り上がります。近年、カルガリーは経済成長を続けており、都市開発がすすんでいます。地方都市のため大きな街ではなく、田舎生活を体験したい方や短期留学向けの都市と言えます。

オタワ

オタワはカナダの首都で、とても落ち着いた雰囲気できれいな街です。安全で、人々もフレンドリーです。日本人率も他の都市に比べて非常に低く、時期によっては学校に2~3人しか日本人がいない事もあります。日本人生徒さんが少ないので、英語を学ぶにはよい環境と言えます。ただ、トロントやバンクーバーに比べると学校の選択肢は少なくなります。

モントリオール

ケベック州のモントリオールはフランス文化が強く、欧州のお洒落な留学気分を味わえるでしょう。そういう雰囲気が好きな方やフランス語も一緒に学びたい生徒さんには人気のあるエリアです。フランス語圏のため、レストランやカフェなどのメニューの表示、道路標示などもフランス語が中心です。そのため、旅行や短期滞在、フランス語留学をしたい方向けの都市です。

 

[bucket id=”6472″ title=”ad-a”]

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 留学エージェントU23 All Rights Reserved.