自分で企画して自分で手配する自分で作る留学を応援するオンライン無料留学エージェント
the_title

STEP 4-6 持ち物の準備

 

movie-btn 留学ステップ動画

Coming Soon!

info-btn Info

必要な持ち物は?

持ち物の基本は「迷ったら置いていけ!」です。持ち物はとにかく少ないに限ります。必要かもと思って持ってきたけども、結局使わないものが多かったという感想はよくお聞きします。

カナダは先進国ですので、ほとんどの消耗日用品は現地で購入する事が出来ますので、1〜2週間分を旅行用として持っていれば問題ありません。ただ、耳かきや爪切りなどはいつも使っているものを持っていった方がいいという意見もあります。

ファッションは流行や日本とカナダの違いもありますので、まずは最低限だけお持ちになり、様子を伺ってみて、どうしても足りないと感じられたものを現地で入手するのもいいかと思います。

 持ち物ガイド

持ち物チェックリスト

持ち物チェックリストをダウンロードする

 

コンタクトはどうしたらいいの?

コンタクトはこちらでも購入できます。特になにか日本から持ってくる必要はありませんが、検眼料が$50程度かかります。もし処方箋等をお持ちでも、初回は検眼をしなくてはコンタクトを買うことができません。ケア用品も日本と同じようなものが手に入ります。

コンタクトレンズの通販なら【eyeland】

日本から持っていくべきものは?

日本から持って来た方がいいと思うのは、パソコン、デジカメ、電子辞書、変圧器などの電気製品です。こちらで日本製は高いですし、しかも14%の税金までかかります。電子辞書は留学生には必須アイテムですね。ここトロントでは日本人はマイナーなので、英和/和英の電子辞書などはなかなか手に入りません。

パソコンなどの電子機器、普段使っている化粧品類、常備薬などは日本から持っていった方がいいと思います。日本食などは多少値は張りますが現地で購入可能です。

おすすめ電子辞書はこちらyajirushi-2

おすすめのネット通販

留学用品の準備は、ネット通販で旅行専門ショップなどを利用すると品揃えも多く便利です。スーツケースなども種類が豊富です。

楽天市場の雑貨店yajirushi-2

公的手続きは

1年間留学するにあたって、住民票をどうするのか、住民税、年金、国民健康保険等をどうするかの検討が必要です。これは人によって状況やお考えが大幅に違うようですので、住民票をおいている市町村役所に出向いていただくか、電話し、どうするのが良いか、メリット/デメリットも含めて直接アドバイスをもらうと良いと思います。

携帯電話は?

まず日本の携帯については、みなさん解約されるか、または月々の支払いを一番安いものに契約を変更して持ってこられる方が多いようです。携帯の番号を変更したくない、契約期間を区切りたくない方などは継続していらっしゃいます。

iPhoneなどは、海外でもWifiは使えますので、皆さん解約してもお持ちになられています。カナダは日本に比べるとWi-Fiの環境が整っており、街のカフェや学校内、ホームステイ先などほとんどの場所でご利用いただけます。日本の契約を解除していない場合、ローミングサービスの関係上、間違えて現地でメールを開いてしまった場合などに高額請求が来てしまうことなどもあるようです。まずは、ご契約の携帯電話会社にご相談し、メリットデメリットをご確認ください。

現地での携帯電話の手配ですが、U23でご案内しております携帯会社では留学生用のプランを持っておりますので、ほとんどの方がそちらで契約していらっしゃいます。今はほとんどがスマートフォンのお取り扱いとなり、料金もプランによりますが月々$25~$50(約2,200円~4,400円)ほどになります。

携帯電話についてyajirushi-2

現地到着後のiPhoneのWi-Fiの設定は以下のサイトをご利用ください。

迷わないITガイドyajirushi-2

変圧器はいるの?コンセントの変換プラグは?

カナダの電圧は日本(100V)とは少し異なりますが、110~120V、60Hzなので、ACアダプターのある電化製品で、表示されている数字がそれをカバーしていれば変圧器なしでも問題なく使えます。パソコンやデジカメの充電器には対応できる電圧が書いてあり、最近のものは全てカバーしていると思います。念のため確認しておきましょう。コンセントプラグの形は同じなのでそのまま差し込んで使えます。

コスメは?ファッションは?

気になる女子の留学情報は女子留学のサイトをご覧ください。

女子留学yajirushi-2

 

task-btn ToDo

□ ビザを申請する

question-btn FAQ

質問をクリックすると回答が見えます。

〜飛行機編

荷物はどれくらいの大きさ、重さで有料になりますか?

A.無料の預け入れ荷物の大きさと重さは航空会社/搭乗便/搭乗クラスによって異なりますので、航空券を手配された旅行代理店もしくは航空会社へ直接お問い合せいただくのが確実です。

ESTA(エスタ)が必要とききましたが、よくわかりません。

A.ESTA(エスタ)は、アメリカに短期で滞在される方がオンラインで渡航認証を受けなければならないシステムです。アメリカ経由便でカナダへ向かう人も申請が必要となります。申請は原則渡航の72時間前までに済ませる必要があり、お支払いにクレジットカードとなります。詳しくは以下のサイトをご覧ください。
ESTA日本語案内:http://japanese.japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-esta2008.html

経由便なのですが、乗り継ぎの時に一度預けた荷物を取らなければいけませんか?

A.こちらも、どこを経由するかや航空会社、搭乗便などによって異なります。事前に旅行代理店もしくは航空会社へ直接お問い合せいただくか、搭乗前にチェックインカウンターでお尋ねいただくのが確実です。

Eチケットってなんですか?

A.従来の航空券に記載されている内容を、紙の代わりに航空会社のシステム内に記録させるエレクトロニック・チケット(電子航空券)というタイプの航空券です。旅程表のみを発行しますので、郵送時の紛失などの心配もありません。空港ではチェックインカウンターでパスポートと旅程表を出すとスムーズです。

〜ホームステイ編

ホストファミリーが決まったのですが、メールを送った方がいいですか?

A.お時間に余裕がありましたら、英語で挨拶のメールを送ってみましょう。ホストファミリーも喜ばれると思います。ただ、メールを頻繁にチェックしないご家庭もありますので、しばらく返信がない場合もあります。

ホストファミリーへのお土産はどうしたらいいでしょう?

A.お土産は絶対に必要というわけではありませんが、お世話になる気持ちとしてご用意されるといいと思います。それほど高価なものは必要ありません。日本人の受け入れ経験があるホストファミリーの場合、お箸や扇子などはたくさん持っている可能性があります。広い年齢層に喜ばれそうな、地元のお菓子やご自分が気に入っているもの、日本で流行っている最新のものなどを持って行くと、話のネタになりおすすめです。

事前にホームステイ先へ荷物を送ってもいいですか?

必ずメールか電話で、今度ステイをする旨を伝えて、事前に荷物を送ってもいいかどうか確認をとりましょう。

〜持ち物編

ドライヤーは持っていった方がいいですか?

A.ドライヤーは海外対応と書いてあっても、カナダの方が電圧が高いので長時間使っていると煙が出て来たり焦げた匂いを発する事があるようです。現地では安いものなら$10~$20程度で購入できますので現地で購入されても良いかと思います。

国際免許証は持っていた方がいいでしょうか?

A.国際運転免許証は作ってもいいですが、トロントのあるオンタリオ州では国際免許証は渡航後60日までしか有効ではありません。IDとして使えないこともないですが、オンタリオ州の免許証へ書き換えをする方が確実に使用できます。バンクーバーのあるブリティッシュコロンビア州では、免許証の書き換えをすると日本の免許証は没収されてしまいますので注意しましょう。

国際学生証は必要でしょうか?

A.国際学生証は身分証明証(ID)としては政府認定ではないので、IDとして使えるところと使えないところがあります。学割についても、割引がきく場所とそうでない場所があったり、担当する窓口の人によって対応が異なったり、、、ということがあるようです。とにかくどこでも学生証を見せてみると運が良ければ学割が利用できる、という感じで思っておられる方が多いので、余裕があればつくるくらいでいいかもしれません。

持っていく服はどんな感じがいいでしょう?

春や夏に渡航される方は、通常の日本の季節よりも少し暖かめの服をもっていきましょう。夏でも朝晩冷え込むことがありますので、上着は必ず持参してください。この場合冬物については日本から別途送ってもらう方が多いです。秋以降に渡航される方は、日本から暖かな服を準備し、必要に応じて現地で本格的な冬の装備を整えるのがいいでしょう。

現地でパソコンをインターネットにつなぐのに、何か機器が必要ですか?

日本で特に機器を使用せず無線LANでつながれている方は、おそらくそのままカナダでも使用できます。念のため、購入した電器店やメーカのお問い合せ窓口にて確認していただくことをおすすめします。

日本の携帯電話はそのまま使えますか?

A.最近の携帯電話は海外対応していますので、ほとんどの機種が現地でそのまま使用する事ができますが、利用料は非常に高価です。ワーホリで長期滞在する場合には現地の携帯電話を契約すると、$25〜$50/月くらいで利用できます。

パソコンは持っていった方がいいですか?

A.現地で購入することもできますが、使いなれているコンピュータを持って行く方がいいでしょう。海外でコンピュータを購入した場合、キーボードの配列の違い、OSや付属ソフトウェア、マニュアルが日本語版ではない、日本で保証を受けることができないなどで弊害があるかもしれません。

 

このページで解決しない質問は、チャットからどうぞ。

twitter-icn  facebook-icn

お問い合せフォーム

Next STEP

おつかれさまです。留学準備はこれで完了です。

出発便と空港までのルートを確認し3時間前に到着するように出発しましょう。

くれぐれもビザ、パスポートだけはお忘れなく。(忘れる人が毎年いるから言ってます。)

留学ステップのトップへ戻るyajirushi-2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 留学エージェントU23 All Rights Reserved.