自分で企画して自分で手配する自分で作る留学を応援するオンライン無料留学エージェント
the_title

STEP 4-3 航空券の予約

 

movie-btn 留学ステップ動画

Coming Soon!

 

info-btn Info

航空券の手配はどうやってするの?

航空券の手配については、下記のページの一番下のお問い合せフォームからお見積りを依頼することができます。そうしますと提携代理店のIACEトラベルからメールで回答が届きます。

航空券手配のポイントとお問い合せフォームyajirushi-2

おすすめの航空券は?

トロント、バンクーバー、カルガリーへは、直行便がおすすめです。

直行便のメリット

・なによりも楽!日本で出国手続きをしてしまえば、あとはカナダに到着して入国審査を通るだけです。
・ロストバゲージ(荷物紛失)の可能性も低くなります。
・乗り継ぎ便の出発時間を心配しなくて大丈夫。
・カナダへの到着時間が午前〜夕方にかけてなので、到着後の移動も日中に可能。
・遅延が少ない、遅延でも深夜早朝料金の心配が少ない。

往復航空券と片道航空券

往復航空券がおすすめの方

・費用を抑えたい方。
・入国審査の際に少しでも質問されるのを減らしたい方。
・帰国の時期が繁忙期(お盆、年末年始)に近い方。
・ビザなしで入国する方。(必ず往復の航空券が必要です)

片道航空券がおすすめの方

・最初に渡航する都市と帰国の時に利用する空港が違う方。
・ワーホリビザからビザを切り替えて1年以上滞在を考えている方。

※片道航空券で入国できるのはビザ(学生でもワーホリでもOK)をお持ちの方のみです。
※ワーホリビザの場合は、審査官次第ですが滞在期間分の加入保険の証明証、帰りの航空券、または資金証明の提示を求められることがございます。念のため銀行等で英文の残高証明をご準備ください。 

到着日について

学校やサポートプランによって到着日は異なります、間違いのないように手配してください。到着日が分からない場合はカウンセラーにご質問ください。

グレードが選べるホームステイ&学校ホームステイで入居指定日なしの場合

学校開始日の前週、火、水、木曜日にご到着されることをおすすめします。そうしますと学校が始まる前に、銀行口座の開設や携帯の契約など余裕を持って手続きができます。有料サポートへお申し込みの方は、オフィスでの到着オリエンテーション(エコ)、同行オリエンテーション(プチ)も平日に受けることが可能です。銀行は土曜日は営業しておりますが、U23のオフィスや公共機関は土日は休みとなります。難しい場合は土日のご到着でも、学校が始まってから放課後や週末に受けることができます。

学校ホームステイ入居日が指定の場合

学校ホームステイの入居日が土日など指定のある学校は、航空券は学校の指定日に合わせて手配してください。また有料サポートへお申し込みの方は、オフィスでの到着オリエンテーション(エコ)、同行オリエンテーション(プチ)は平日学校が終わってから放課後に受けることができます。同行オリエンテーションは土日や学校初日も可能です。学校は午後2時〜4時と早めに終わりますので、航空券の手配後に最適な日程をご提案いたします。事情があって学校の指定日に到着できない場合には、学校に追加で延泊を申し込む必要があります。学校によっては延泊できない場合もありますので、必ず航空券を手配する前にご連絡ください。 

深夜早朝料金について

U23規約により、夜8時〜朝8時のご到着の場合、深夜早朝料金として最大$300の追加手数料がかかります。天候不順などによる遅延でも追加料金の対象となります。経由便を選ばれる際は遅延が多いのでご注意ください。

 

帰国便について

海外留学保険は月単位での加入となる場合が多く、例えば3ヶ月+1日でも4ヶ月分の保険料が必要となります。帰国する際、カナダは時差の関係でカナダを出発した翌日が日本への帰国日となります。帰国日までのご加入が必要となりますので、帰国日も含め区切りのよい月数で航空券を購入なさるよう、ご注意ください。

*保険の「1ヶ月」とは、加入日から、翌月の加入日前日までが1ヶ月となります。

(例)3ヶ月の保険加入期間:2016年1月6日〜2016年4月5日など

ご連絡確認について

U23の空港ピックアップをご利用の場合、スタッフの空き状況の確認が必要となります。必ず航空券の手配を確定する前に、到着日時と便名をカウンセラーに確認してください。

 

task-btn ToDo

□ 旅行代理店に航空券の見積もりを依頼する。

□ 内容を確認し支払いをして予約完了。

□ 飛行機の便をU23に連絡する。

 

question-btn FAQ

残高証明は必要ですか?

A.往復航空券の場合は必要ありません。片道航空券も必ず必要ということではないですが、準備しておくとスムーズです。

経由便はダメですか?

A.経由便は乗り継ぎ便の時間に余裕をもつ必要があります。最近アメリカ経由では入国審査が厳しく乗り継ぎ便に間に合わないケースがでています。また、ロストバゲージの可能性も高まることを理解して手配しましょう。
※アメリカ経由便の場合はESTAの申請も必要です!必ず渡航の72時間より前に申請を行ってください!!
ESTA申請について(新しいページが開きます)

何時くらいに到着するのがいいのですか?

A.日中に到着することをおすすめします。あまり遅い時間になると交通機関が限られていたり、ホストファミリーも起きて待っていなければならないので負担になります。できれば10:00〜18:00くらいに到着する便を選択するようにしましょう。

往復航空券の方が安いので、行きだけ往復航空券で渡航して、帰りは片道航空券を現地で手配することはできますか?(復路破棄)

A.往復航空券は往復で利用することを前提とした料金設定となっており、復路破棄はおすすめできません。復路破棄に関する回答は旅行代理店によってまちまちです。キャンセルの連絡を入れると、その旅行代理店から正規料金との差額を請求される等といったこともありえます。正規の方法ではございませんので、ご自分の責任において決めていただくことになるかと思いますが、せっかくの留学、トラブルになる可能性は少しでも減らしたほうがいいでしょう。

 

このページで解決しない質問は、Twitter, Facebook, フォームからどうぞ。

twitter-icn  facebook-icn

お問い合せフォーム

 

Next STEP

4-4 海外旅行保険の加入へ進むyajirushi-2

留学ステップのトップへ戻るyajirushi-2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 留学エージェントU23 All Rights Reserved.