自分で企画して自分で手配する自分で作る留学を応援するオンライン無料留学エージェント

スクール

the_title

RCIIS-Toronto-Class-16-0519-4

語学学校・専門学校の種類、コースなど、人気の2年未満の留学に焦点を絞って特徴をご案内。

コース

【ESL(General English)】English as Second Language

ESL、General English Programなどと呼ぶ。初級~上級までレベルがある。Grammer, Reading, Speaking, Writing含め、バランスよく英語を学ぶコース。通常この一般英語コースから始める。ESLコースでもアドバンスクラスになると下記の専門コースよりハイレベルな授業が繰り広げられている学校もある。

[取得できるもの]
Certificate, Diploma

【TOEIC】Test of English for International Communication

TOEICスコアを上げるためのテスト対策コース。TOEICは、英語でのコミュニケーション能力を測る。

[取得できるもの]
TOEICを受ければTOEICのスコア。

【TOEFL】Test of English as a Foregin Language

 TOEFLスコアを上げるためのテスト対策コース。TOEFLは、大学や大学院への入学時にしばしば必要。

[取得できるもの]
TOEFLを受ければTOEFLのスコア。

【IELTS】International English Language Testing System/アイエルツ

IELTSは留学希望者を対象にした英語力判定テスト。

【TESOL, TESL】Teaching English to Speakers of Other Language

英語が母国語でない生徒に英語を教えるスキルを学ぶコース。

[取得できるもの]
Certificate, Diploma

【TYC, TYCE】Teaching Young Children

児童に英語を教えるスキルを学ぶコース。

[取得できるもの]
Certificate, Diploma

【Business】

ビジネスで使える英語、国際ビジネスについて学ぶコース。ホテル、ツーリズム等の専門分野を学ぶコースもある。

[取得できるもの]
Certificate, Diploma

【Internship】

現地の企業で実際に働く機会が与えれる(無報酬)。多くの場合、学校が設けるビジネスコースを修了した後に紹介される。有給のインターンシップもありますが、選べる職種などが限定されていることが多くなっている。

[取得できるもの]
Certificate, Diploma

*上記のようなコースが語学学校のコースの一部としてあったり、専門学校と併設されている学校がある。

【大学・カレッッジ】

大学やカレッジを考えている人も、よほどの英語力がない限り、日本の高校や大学を卒業後すぐに、海外の大学やカレッジに入学というのは難しい。最初は、私立の語学学校や、大学付属のESLコースで授業についていけるだけの英語力を付ける。

カレッジの内容、期間、費用、入学条件は、コニュニティ・カレッジとネイティブ・カナディアンの通う専門学校、留学生用の語学学校付属の専門学校又はコースによって全く違う。このページで扱うのは、留学生向けの専門学校・専門コースを中心の説明。

入学条件

ESL(General English)のコース以外は一定の英語レベルが必要。

 

カナダの語学学校の授業料の目安

入学金・・・$100

テキスト代・・・$0~$200

*専門コースになると$500以上のテキストや教材があるところもある

フルタイム(週25時間程度)・・・$700~1200/月

パートタイム(週15時間程度)・・・$300~500/月

*専門コースはESLコースより若干高い場合が多い

 

最低必要時間

ESLは最短1週間のコースからある。専門コースは4週間から24週間ぐらいまで幅広く、8週間または12週間のものが多い。

 

ryugaku-step

Goyajirushi-2

ryugaku-search

Goyajirushi-2

 

amazon-gift-bnr

 

スクール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 留学エージェントU23 All Rights Reserved.