自分で企画して自分で手配する自分で作る留学を応援するオンライン無料留学エージェント

スクール

the_title

語学学校の選び方(1)

RCIIS-Toronto-Teacher-16-0519-1

語学学校選びに悩んでる人は、ちょっと長いけど、赤字と太字の部分だけでも読んでみよう。

1. 通学目的

語学を勉強しに行くと言っても、TOEICのスコアが何点以上取りたいから勉強漬けの生活を送りたいと言う人もいれば、TOEICスコアより生活で使える会話力をつけたいという人もいる。アクティビティを楽しみたい人や情報収集に学校に通うと言う人もいる。実際、いくら評判が良くても、会話力を伸ばしたいという人が文法をガチガチにするという学校に行っても満足度は低い。留学の目的・目標を明確にする。

 

2. 指導方針・授業内容・教師の質

日本で受験英語しか経験していない人にとっては、どの学校も話す機会が多く授業内容も新鮮。その中でも特に会話重視の学校もあれば、リスニングに力を入れている学校、毎週テストをして文法やボキャブラリー強化に励んでいる学校もある。

ほとんどの学校がEnglish Only Policy (母国語禁止)を謳っている。違反すれば退学させるほど厳しいところもあれば、あまり守られていないところもある。

しかし、はっきり言ってどんな学校に行っても教師と自分のやる気次第。評判の良い学校でも、自分との相性もあるし、中には質の悪い教師もいる。自分に合った教師を見つけるのが語学習得の近道。よって、もし自分に合わなかった時にはすぐにクラスを変えてくれるなど柔軟に対応してくれる学校がおすすめ。

 

3. コース・期間

週20~30時間のフルタイムと、午前中又は午後のみのパートタイムがある。

どの学校も最初に入学試験があってクラス分けされる。午前中は文法中心、午後からは会話中心の所が多く、発音、リスニングなどもっと細かく選択授業が選べる学校もある。ただし、TOEICTOEFLコースはある程度の語学レベルがないと受けられない所が多い

期間は一般的に語学の習得には最低半年は必要と言われる。(実際半年でも全然足りませんが。)2~3ヶ月である程度話していることも解るようになるので、そこからが大事。そこで満足している人は伸びないし、ここで頑張れば伸びる。

一度申し込むと延長はできても短くして返金してもらうのは難しいので、最初は短め(2~3ヶ月)で申し込んで、良かったら延長してもいいし、環境を変えるため学校を変えてもよい。

ただ、1ヶ月の申し込みの場合、慣れた頃に1タームが終わり卒業で、結局よほど不満がない限り延長するので、初めからもっと長期で申し込んでおけば良かったというケースは非常に多い。

気に入らず変更する場合は、新しい学校で再度入学金やテキスト代を支払わなければならず、新しい学校も確実に良いとは保証がないので、結局慣れてきた学校を継続した方が良いという判断になる。実際、1ヶ月のみ申し込んだ場合、90%以上の生徒が延長している

フルタイム・長期で申し込む最大のメリットは費用面でかなりお得。それから申し込んでしまったので勉強せざるを得ないと自分を追い込める。

学校によっては、バケーション(=休学制度)をとることもできるので続けて通う必要もない。ただし、ハイレベルのクラスがある学校はよいが、コース変更ができない学校や、ビギナー向けの小さな学校で半年以上申し込むのはリスクが大きい。

開始日は通常月曜日でそれが月2回の学校もあれば、いつでも始められる学校もある。この開始日が少なくきっちり守っている学校は、今いる生徒を大事にしていて、カリキュラムもしっかりしていることが多い。逆に融通が利かない学校という場合もある。

 

4. 学校規模・1クラスの生徒数・国籍・日本人割合

規模の大きい学校は、比較的プログラムやサポートもしっかりしていて、設備も充実し、コースやアクティビティも豊富です。いろんな人がいて出会いの機会も増える。

反面1クラスの人数が10人から15人と多めのところが多く、それだけ授業での発言回数は減る。

小さい学校は、まず費用が安い。生徒も教師もお互い全員覚えていてアットホームでよかったという人もいる。時期・学校によっては、1クラスの人数が2、3人しかいないということもある。

どこの学校でも比較的レベルの低いクラスには日本人・アジア人が多く、高くなるにつれて少なくなる。学校によってはクラスで日本人が自分だけということもある。

トロントの留学生の国籍の傾向としては、アジア(韓国・台湾・中国)・南米からの留学生が多く、ヨーロッパ、東南アジアなど世界中の留学生が集まっている。

 

5. 授業料・テキスト

学校規模の大きい学校、1クラスの人数が少ない学校は費用も高い。逆に規模の小さい学校は安め。安いから悪いとは一概に言えず、自分にあった安くて良い学校もあるかもしれません。高いお金を出せばそれだけで英語が話せるようになるという訳ではない。ただ、費用の高い学校にはそれなりの魅力があるのも確か。

教材は、市販のテキストを使っているところと独自のテキストを使っているところがある。あまり高すぎる教材を買わないといけない学校は避けた方がいいかもしれない。レベル毎にテキストが変わることが多いので、レンタルやコピーという所もあれば、選択した授業ごとに購入という学校もある。

予算も重要なポイントだと思いますが、極端に安かったり高かったりする場合は別として、値段で選んで失敗したと言うよりは、ここに行きたいと思ったところを選ぶことを強くおすすめする。

語学学校の選び方 (2)yajirushi-2

スクール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 留学エージェントU23 All Rights Reserved.