自分で企画して自分で手配する自分で作る留学を応援するオンライン無料留学エージェント

迷わない英文履歴書(レジュメ)作成ガイド

  • HOME »
  • 迷わない英文履歴書(レジュメ)作成ガイド

job-search-resume-cover-letter

英文履歴書(レジュメ)は、ワーキングホリデーの申請や、海外でお仕事探し、外資系や海外就職・転職するときなど、海外留学をしてグローバル人材を目指す人は、さまざまな場面で必要になる。

2003年から留学・ワーキングホリデー・グローバル人材を応援するU23が、目的に応じた未来を変えるレジュメの書き方を伝授。サンプルやテンプレート(雛形)も無料でダウンロードできる。

 

ワーキングホリデー申請用の簡単なレジュメ

ポイント

ワーキングホリデーは申請条件を満たし、定員に空きがあれば誰でも当選するので、余計なことを書かず最低限の内容をシンプルに書く簡易なものでよい。

 

23分でレジュメを作る方法

Step 1. テンプレートをダウンロード

なんでもよいので操作の慣れたアプリケーションの雛形を選ぶとよい。

Step 2. 住所・学歴・職歴の最低限の情報のみ入力

必要ない項目があれば削除。職業や役職は英語訳一覧を参考に近いものを書く。

Step 3. PDFで書き出し

内容を確認してPDFで書き出す。

 

サンプル

resume_sample

 

テンプレートダウンロード

<工事中:11/15日工事完了予定>

Wordレジュメテンプレートをダウンロード >

google docsレジュメテンプレートをダウンロード >

Pagesレジュメテンプレートをダウンロード >

Googleでレジュメ テンプレートを検索する >

 

英語訳一覧

職業の英語訳一覧

部署・役職の英語訳一覧

業種・事業名の英語訳一覧

 

 

仕事探し用の採用されるレジュメ

ポイント

応募先の採用者の視点を考えて作る

*何百人枚、何千枚のレジュメを見ている人事の心理を考えると、テンプレートをコピーしたような、具体性に欠け、中身の薄く、冗長なレジュメはゴミ箱行きの可能性が高い。)

魂を込める

レジュメはあなたという人物の歴史と未来を語るもの。企業へのラブレター。ロジカルかつ、情熱をかけて世界でたった一枚の作品を作品。

レターサイズ1枚にまとめる

余計なことはそぎ落とし、伝えたいことを1つから3つに絞り、インパクトを集中させる。10年以上の職務経験があり、どうしても1枚に収まらない場合は2枚まで許容範囲。

レイアウトを美しく整える

レジュメでコンピュータスキルも判断されることも多い。電子ファイルを提出する場合、空白スペースでレイアウトを整えているような人と、インデントやタブ、アラインを使いこなしている人では、コンピュータスキルやセンスの違いが如実に現れる。

フォントは読みやすく

Microsoftのデフォルト以外の読みやすいフォントを選び、サイズ、文字幅を整える。ボールド(太字)、アンダーライン(下線)、バレットポイント(・)や記号(*,-,|…) もセンスよく使う。

具体例、数値を用いる

成果は抽象表現を避け、具体的に数値を用いてイメージが湧くように実績をアピールする。

レビューしてもらい推敲を重ねる

自分の視点と他人の視点は違うので、応募先の採用者に近いバックグランドを持った人に見てもらい評価してもらう。

 

サンプル

resume_sample

レジュメの書き方

Personal Data 個人情報

名前、住所、電話番号、メールアドレスを記載

Objective 応募するポジション

職歴・学歴・経験を踏まえどのように貢献できるのかをアピール

Qualification 能力

自分は何ができるのか、どんな専門能力があるのか根拠を添えてアピール

Work Experience 職歴

会社名、勤務年月、役職名、職種、実務を通してどんなスキルを身につけたかアピール

Education 学歴

大学名、専攻、卒業年月、受講した講座などをアピール

Certification 資格

応募する職種に関連する資格のみを具体的にアピール

Activity 実績

仕事の役職や役割、目標の達成度、成果を具体的にアピール

Interests 趣味

多様な知識や教養、広い視野や、新しいことへの関心などを具体的にアピール

 

Links

U23 Jobhunt 留学生のための就活支援サイト >

U23 CEO/CDOの未来を変えるブログ >

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 留学エージェントU23 All Rights Reserved.