自分で企画して自分で手配する自分で作る留学を応援するオンライン無料留学エージェント

留学プログラム

the_title

ワーキングホリデー

staff-faceワーキングホリデーはスクールに通うことも、アルバイトもできる一生に一度の特別なビザです。ワーホリで何をできるかはひとえに英語力にかかっているといっても過言ではありません。キャリアアップにつなげる人、現地に移住してしまう人、十人十色のワーホリスタイルがあり、英語力に応じて可能性は無限大に広がります。

ワーキングホリデーとは

留学とワーキングホリデーの大きな違いは、英語だけでなく他の事を学んだり経験することができるということです。英語の勉強はもちろん、カナダを旅行したり、カナダで働いたり、自分の希望に合わせて計画が立てられます。やる気次第で、どんなことでもチャレンジすることができ、現地の文化や人々と積極的に関わることもできます。

 

カナダで英語を学ぶ

aカナダにくるワーホリメーカーのほとんどが、「英語の習得」を目標にしています。英語の環境に身をおくことで実践で使える生きた英語を学び、ステップアップしたいという希望を持っている方が多いです。ワーキングホリデーに参加するにあたり、語学力は問われませんが、日常生活を送れるだけの語学力があるにこしたことはありません。現地でアルバイトをしたい、一人旅をしたいといった場合も語学力があればあるほど選択肢が広がります。カナダは英語もきれいで、ワーホリビザでも6ヶ月まで就学が可能で他の国に比べ長く学校に通うことができます。初めての海外・初めてのワーホリの場合、語学力に不安のある方は現地で語学学校に通うことをおすすめします。また、ワーホリメーカーに人気のカナダでは、お仕事の探し方、履歴書の書き方、面接の受け方など、ワーホリメーカーが必要な英語を実践的に学ぶコースもあります。
*目的や目標に合わせて学校をご紹介いたしますので、カウンセラーにご相談ください。

 

カナダで働く

7一般的にワーキングホリデーで働けるお仕事は、英語力に左右されます。カナダではカフェスタッフが人気で、語学学校にはカフェで働くための英会話を学ぶコース等もたくさんあります。観光地や都市部なら日本食レストランのウエイターやウエイトレス、みやげ物店・免税店の店員、日本人客相手のツアーガイドなど、高度な英語力はなくても日本語を生かした職種は比較的見つけやすいと言えます。また、夏や冬はリゾート地でのお仕事の求人も増え、地方では季節によっては、ファームステイなども可能です。

*カナダで働く場合には、ビザとは別に社会保険番号(SIN)が必要です。 U23では、サポートをお申し込みの場合、現地スタッフから申請方法をご案内いたします。(プチアシストプラン・アシストプランにお申し込みの場合は、同行オリエンテーションにてスタッフが同行して申請をすることも可能ですので、カウンセラーにお申し出ください。)

 

カナダを旅行する

8ワーホリメーカーが、必ずといっていいほど楽しむのが旅行。費用は個人差がありますが、バスで移動したり、ユースホステルに泊まったりして費用を押さえることも、バックパックで専用バス周遊をするツアーなどに参加することも可能です。カナダといえば雄大な自然が魅力の1つ。イエローナイフへオーロラツアーにでかけたり、ウィスラーへパウダースノーを満喫しに行ったり、ロッキー山脈沿いをレンタカーを借りてドライブしたりするのもおすすめです。旅の間に、バスの中やホステルで同じような状況の若者にもたくさん会うでしょう。いろいろな国籍の友人を作ったり、初めてあった人と次の日に一緒に出かけたり、時にはちょっとしたトラブルにあうかもしれません。全てが良い経験になると思いますよ!

実際にカナダで何をするかは、あなた次第!日本出発前に具体的な目標をもって計画的にワーキングホリデーに参加しましょう。

 

ワーキングホリデーにおすすめの留学プログラム

ワーキングホリデーのにおすすめの留学プログラムをご紹介します。ご自分に一番ピッタリのプログラムを見つけましょう。

語学留学yajirushi-2

ビジネス英語yajirushi-2

インターンシップyajirushi-2

英語指導者資格yajirushi-2

ボランティアyajirushi-2

ファームステイyajirushi-2

カスタマーサービス・カフェトレーニングyajirushi-2

FAQ

Q.ワーホリも学校に通わなくてはいけない?

A.必須というわけではありません。ただ、学校に通うことで、英語力がつくだけでなく生活のリズムを作りながら、お友達作り、人脈作りができます。そしてそこで情報収集をすることができます。以前海外生活経験がある方、英語が堪能な方でも1ヶ月は通う方が多いです。

Q.1ヶ月だけでもいいの?

A.こちらは資金にもよりますが、通学期間は長いにこしたことはありません。仮にビギナーから始める生徒さんの場合、最初の1ヶ月は学校に慣れる、生活することに慣れるということで精一杯で英語力の伸びを大きく実感するということは少ないようです。早い方で2ヶ月目に「なんとなく、渡航時よりは言いたい事が言えるようになってきた、、、気がする」「なんとなく耳が慣れてきた、、、、気がする」という程度、3ヶ月でようやく、なんとなく言いたい事が言えるようになってきた、渡航当初よりは英語がすんなり耳に入るようになってきた、という感覚です。よって、4ヶ月目以降どれだけ頑張れるかで、その後の英語力の伸びが変わってくるという意見が多いと言えます。

Q.現地で学校を決めたい

A.現地に到着してから決めるとなるとせっかくの貴重な滞在期間の1~3週間を費やすことになり、少々もったいないという意見は多くあります。学校にもよりますが、入校日が月に1度や2度というところはかなりあります。そうなると、次の入校日まで最大3週間待たなければいけないことになります。実際に見て選べるメリットはありますが、「15分の見学や1時間の体験レッスンでは、しょせん学校の雰囲気がなんとなくわかるだけ。結局は通ってみないとわからない」という意見もあります。

U23では良い面も悪い面も含めて、実際に通っている生徒さんからの評価を第一に学校をご紹介させていただいておりますので、できる限り日本で決めてこられた方が、生活をスムーズにスタートできるでしょう。

 

*このページで疑問が解決しない場合は、U23でカウンセリング中の方→担当カウンセラーにご質問ください。

新規の方はフォームからお問い合せください

プログラム:目的で選ぶのトップに戻るyajirushi-2

 

 [bucket id=”9769″ title=”ad-brochure”]

留学プログラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 留学エージェントU23 All Rights Reserved.