自分で企画して自分で手配する自分で作る留学を応援するオンライン無料留学エージェント

留学プログラム

the_title

インターンシッププログラム

staff-face

インターンシップは、ビジネス英語または専門キャリアアップコースに追加で選択することが多いです。プログラムの受講期間に応じて、インターンシップ期間が決まることが一般的です。インターンシップは、英語力に比例して充実度が増します。

 

 

インターンシップとは

5インターンシップとはもともとはアメリカで始まった、就職・転職のミスマッチをなくすための制度です。就職前に会社に入って仕事をすることで、お互いにとってメリットのある就職・採用をすることができます。

今では、留学生向けに語学学校が、一定条件をクリアした学生を対象に インターンシップができる企業をアレンジする「語学+インターンシップ」のコースを提供しています。

インターンシップでは仕事のスキルや実践的な語学力を磨くだけではなく、海外の会社で現地のスタッフと一緒に働くことで、国際的なビジネス感覚を身につけることができます。

 

カナダでインターンシッププログラムを学ぶ

7インターンシッププログラムを学びたい場合、まずはその学校で定められたコースを、定められた期間、修了する必要があります。

ビジネス英語コースと抱き合わせの場合はビジネス英語2~3ヶ月、インターンシップ2~3ヶ月というのが一般的と言えます。その前に一般英語+スピーキング集中コースなどを受講され、8~9ヶ月学校でお勉強したあとに2~3ヶ月インターンシップが一般的です。インターンシップは、移民局で規制がされており、カナディアンの雇用を奪うようなものは違法になってしまいます。そのために期間と時間数が定められています。

 

種類と職種

インターンシップの職種については、その方の英語力、スキル、および過去の経験等を総合した上で、どういった職種や業界を希望しているかを元に、学校のインターンシップコーディネーターがアレンジします。基本的にはどの職種でも不可能ではないですが、そのためにはもちろん必要なスキルが伴っていないといけません。

職業・職種
会計、マーケティング、販売、接客、一般事務、アパレル業界、広告業界、金融関係、建設業、ホテル、旅行会社など

 

期間

 「語学+インターンシップ」のプログラムは学校によって、コースは数ヵ月から受講できます。具体的なインターンシップの条件や期間は、学校が提供するコースによって異なります。また、インターンシップをするために必要な語学コースの期間や、ビザの種類などが決まっている場合もありますので、必ずカウンセラーにご相談ください。1年間でしっかりと英語力を身に付けたいという場合、9ヶ月〜10ヶ月みっちりお勉強+インターンシップ2〜3ヶ月というプランがおすすめです。

 

仕事の内容と報酬

2インターンシップには、無給と有給があります。

企業側も、有給のインターンシップは、安いアルバイトとして使われることも多いです。より高い英語力が必要です。

無給のインターンシップは、英語力があれば、留学生の労働の対価として、経験できることや教えてもらえることも増える傾向にあります。

有給、無給によって仕事の内容が大きく変わってきます。カフェやレストランなど、ワーホリのアルバイトのような職種は、有給でインターンシップができることが多いですが、それ以外の職種(ホテル、旅行会社、一般企業、NPO、ショップ、アートギャラリー、アパレル、銀行、テレビ局等)は無給でのインターンシップが一般的です。

仕事内容については英語レベルが高く、仕事能力も高い場合にはプロジェクトをまかされている場合もありますし、残念ながらエントリーレベルの仕事しか出来ないと判断された場合には、電話応対やコピー等の補助的な仕事をまかされる、ということもあります。どの仕事にせよ、経験がない場合には大きな仕事をまかされることは難しく、雑務的なものをまかされる場合が多いです。

 

必要な英語力

mmc03無給インターンシップは英語力の基準はTOEICで650程度、有給のインターンシップはTOEICで750程度の英語力は必要です。どの学校でも基本的にインターンシップ開始時点、もしくはインターンシップ用のプログラムを開始する時点で中級レベル以上の英語力(TOEIC650~700点)を求められる場合がほとんどです。みなさんまずは語学学校のインターン準備コースでしっかり基礎英語力をアップさせ、その後次のステップとして希望の専門コースに進みます。

どれぐらい留学すると英語が話せる?yajirushi-2

 

インターンシップでよくある失敗

IMG_0372留学生向けに話してくれてる学校の先生の英語と、企業で話されるネイティブ同士の会話はスピードが全く違います。ESL一般英語コースを数ヶ月受講すると飽きたとか過信をして、英語力が不十分にもかかわらずインターンシップをはじめる留学生がいます。

インターンシップを手配する学校や斡旋期間もビジネスでやっているため、労力のかかるシビアな話を伝えるより、生徒が望むならとインターンシップ先を紹介してくれます。しかし、いざインターンシップをはじめると、英語力が足りないためろくな仕事はできません。自分の能力がたりないことに努力もせず、不満をもらす留学生が絶えません。

インターンシップの充実度は、英語力にかかっているといっても過言ではありません。残念なインターンシップにしないために、基礎英語力をしっかりつけましょう。

 

こんな方におすすめ

・将来国際的に活躍したいとお考えの、学生の方
・海外での就職に備え、希望業界の雰囲気を見てみたい
・海外の企業の雰囲気や現地の人と働いてみたい 
・苦しい経験を乗り越えて成長したい

海外でインターンシップで働くことにより、現場での経験、日本とは違う仕事に対しての考え方やビジネススキルや、英語によるコミュニケーション能力が身につけられます。

 

こんな人はNG

*セールス文句を都合良く自己解釈しないようにご注意ください。

・インターンシップで英語を勉強したい→不可能ではありませんが、趣旨が違います。英語を勉強するのは語学学校です。インターンシップは就業経験が一番の目的です。

・有給インターンで貯金をしながらスキルアップしたい→英語力・職種・スキルにより極稀にそういう人もいますが、貯金が目的であれば日本の方が効率よく稼げます。スキルアップが目的なら無給インターンシップが最適です。

 

インターンシップ体験談

IKEAインターンシップ体験談 Sami Tanakaさん

インターンは企業の内部に入り、社風や社員さんに直に触れられるとてもいい機会です。インターンを通して、IKEAはとても論理的に物事を進めていく会社で、とても社員を大切にすることがわかりました。最終面接では、自分の考え方がIKEAのポリシーに合っているか、インターン中に行っていた業務内容は何かなどを聞かれました。私は更に、インターン経験をふまえた上で、自分なりに考案した「業務改善案」を提出しました。それによって、インターンしたという事実だけでなく、推薦状をもらえるような評価を頂いたこと、改善案が出せるだけの業務をこなしていたことをアピールしました。

もちろん面接もレポートも全て英語です。RCIISの先生にレポートを添削してもらいましたし、面接も学校で学んで、インターン時にも英語面接を経験しているので、万全に準備を整えることができました。カナダで得た経験・人脈が、ここで活きたことは明白です。私が内定を頂いたのも、彼らの協力なしでは難しかったと思います。

同じインターンを経験しても、得るものは人によって違いますが、今後もインターンを経て社員として幅広く活躍する日本人が増えることを願っています。私の上司は外国人で、英語は上司とのコミュニケーションには必要不可欠な手段です。語学を目的に仕事を探すのではなく、語学を使って何をしたいのかを考えて、自分に合った仕事を探してほしいと思います。留学して帰国した日本人は多くいますが、満足のいく就職ができている人はごくわずかです。後悔しない為にも、カナダにいる間に将来も見据えて準備をしてほしいと思います。是非「留学してよかった」といえる人が一人でも増えてくれればと願っています。

 

海外インターンシップ体験談 Y.Kさん

インターンについて考えがずれている留学生が多いので注意しましょう。

8インターンの第一の目的は勉強した英語を使ってカナダの会社で働くことを経験することであって、英語を勉強することではありません。

実際このように考えてくる日本人の大学生は多いのですが、インターン先はオフィス環境での仕事で、どのインターンへ行ってもぺちゃくちゃ話す機会はないということです。英語を話さないと言うことではなく、英語の勉強にならないと言うことではないのですが、どの国のオフィスでも1日中話をしていることはありません。個人に与えられた仕事を黙々とこなし、こなせた人がいろいろな仕事を多く与えられていくと言うことです。

社会経験の無い大学生は夢だけが大きくなってしまいがちです。大学生なので正直どんなインターンでも良い経験になり、その経験が知恵となって将来役に立つのであって、そのチャンスを活かすかどうかは将来自分次第になります

インターンシップのお問い合せはこちらからyajirushi-2

 

人気のインターンシッププログラム

グローバルコミュニケーションプログラムyajirushi-2

海外リゾート有給インターンシッププログラムyajirushi-2

 

インターンシッププログラムのある語学学校

Cornerstone Academic College (CAC)

トロント校

Gastown Business College(GBC)

バンクーバー校

Global Village (GV)

トロント校

バンクーバー校

International Language Academy of Canada(ILAC)

トロント校

バンクーバー校

St. George International College (SGIC)

バンクーバー校

*その他、インターンシップが可能な学校については、お問い合せください。

 

キャリアアッププログラムが学べる語学学校

CANADIAN COLLEGE

語学学校付属の学校で、貿易からマーケティングまで様々なビジネスコースが選べる。

バンクーバー校

Sprott-Shaw

卒業後の就職活動のサポートもしっかりしてくれるので安心。

CANADIAN TOURISM COLLEGE

エアライン系も含めてホスピタリティー系コースが充実。

Upper Career College of Business & Technology(UCCBT)

付属の語学学校からスタートできるので、英語初心者も安心。

 

今すぐインターンシップについて問い合せる

 

FAQ

インターンシップは希望の職種につけるの?

A.インターンシップの職種については、その方の英語力、スキル、および過去の経験等を総合した上で、どういった職種や業界をご希望か、を元に学校のインターンシップコーディネーターがアレンジするという形になります。なので、基本的にはどの職種でも不可能ではないですが、そのためにはもちろん必要なスキルが伴っていないといけない、ということです。

有給インターンはできますか?

A.有給インターンシップに関しては、正直なところ、どこの学校のプログラムでも、ある程度しっかりとしたインターンシップをしたいとなると有給ではなく無給でのみの取り扱いがほとんどです。中には有給インターンシップを扱ってる学校も、数校はありますが、有給インターンシップでできるお仕事はエントリーレベルのお仕事の場合が多いです。例えば、カフェの店員やレストランの店員など、そういった種類となります。

海外リゾートインターンシンッププログラムはこちらをご覧ください。

 

*このページで疑問が解決しない場合は、U23でカウンセリング中の方→担当カウンセラーにご質問ください。

新規の方はフォームからお問い合せください

プログラム:目的で選ぶのトップに戻るyajirushi-2

 

留学プログラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 留学エージェントU23 All Rights Reserved.