自分で企画して自分で手配する自分で作る留学を応援するオンライン無料留学エージェント

迷わないパスポート申請ガイド

  • HOME »
  • 迷わないパスポート申請ガイド

迷わないパスポート申請ガイド

 

パスポートとは

passportパスポート(旅券)は、日本国民であることを証明する国際的な身分証明書です。日本国外に出るためにはパスポートが必ず必要になる上、パスポートの旅券番号が無いと留学準備がスムーズに進みません。

 

パスポートの申請にかかる期間は?

パスポートの申請には1週間~2週間はかかるので余裕をもって申請しましょう。

 

パスポートの申請方法は?

また自治体によって申請方法が異なる場合があるので、申請前に最寄りの事務所へ事前にご確認ください。

1. まずパスポートの取得に必要な書類を集めます。

・一般旅券発給申請書1通

申請書はパスポート申請窓口で入手します。申請書は5年間用と10年間用に分けられます。20歳未満の人は5年間有効なパスポートしか申請できないので注意しましょう。

・戸籍謄本(または戸籍抄本)1通

本籍地の市区町村の役所で入手します。本籍地に住んでいない人は、郵送での申請も可能です。申請日前6ヶ月以内に作成されたもののみ有効です。

・住民票の写し1通

住民登録をしている市区町村の役所で発行してもらいます。戸籍謄本と同様に、申請日前6ヶ月以内に作成されたもののみが有効です。住民基本台帳ネットワークシステムで確認可能な人については住民票の写しは不要です

・証明写真1枚

申請日前6ヶ月以内に撮影された、縦45mm×横35mmの縁なしで、無背景(薄い色)の写真を用意します。無帽で正面を向き、頭からあごまでが34±2mmであるなど、申請書の企画を満たした写真のみが有効です。写真の裏側には申請者の氏名を記入します。

・申請者本人確認ができる書類

1点で良い書類:運転免許証、船員手帳、写真付き住基カードなど
上記書類がない場合には、以下の表のAとBから各1点、又はBから2点を用意します。

A:健康保険証、国民健康保険証、共済組合員証、船員保険証、後期高齢者医療被保険者証、国民年金証書(手帳)、厚生年金証書、船員保険年金証書、恩給証書、印鑑登録証明書(登録した印鑑も必要です)など

B:学生証、会社の身分証明書、公の機関が発行した資格証明書など※すべて写真付き

2. 次に申請します。

書類を全部そろえたら、銃員登録をしている都道府県のパスポート申請窓口で申請します。申請すると、受理票(受領証)が渡されるので大切に保管します。申請後から受け取りまで1週間~2週間程度かかります。
未成年者(20歳未満の未婚者)が申請する場合は、申請書裏面の「法定代理人署名」欄に親権者(父母またはそのいずれか一方)または後見人の署名が必要です。もし親権者もたは後見人が遠隔地に在住し、申請書に署名ができない場合には、親権者本人又は後見人の署名のある同意書を提出する必要があります。詳しくは住民票のある都道府県の旅券事務所で確認してください。
もし代理人が申請する場合には、代理人本人確認書類が1点必要になります。受領に関しては必ず本人が受け取る必要があります。代理人による申請が認められない場合もあるので、必ず都道府県の旅券事務所に確認しましょう。

3. 最後に受領します。

申請時に渡された受領票(受領証)と手数料を持参し、必ず本人は交付(申請)窓口にいきます。手数料は、必要額の収入証紙と収入印紙を受領書に貼付します。手数料は以下の通りです。

 都道府県収入証紙  収入印紙  合計
10年用パスポート  ¥2,000  ¥14,000  ¥16,000
5年用パスポート  ¥2,000  ¥9,000  ¥11,000
5年用パスポート(12歳未満)  ¥2,000  ¥4,000  ¥6,000

 

ワーキングホリデー申請用データ

ワーキングホリデーを申請する際に提出するパスポートデータファイルの作成方法はこちら

 

 

 

To Do

□パスポートを申請して受領する。

 

FAQ

Q. 10年用と5年用どっちがいいですか?

A. どちらでも大丈夫です。留学後は海外志向が高まり10年以内に再度海外へ生方も多いので、再度申請するのが手間だと思えば10年用で良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 留学エージェントU23 All Rights Reserved.