自分で企画して自分で手配する自分で作る留学を応援するオンライン無料留学エージェント
就活と留学(1)

留学で修得できるのは英語力だけではありません。むしろ就活の採用時に最も重要視される「コミュニケーション能力」や「行動力」が身に付く点に価値があり、就活で武器になることです。

留学で習得できる能力

さまざまなデータがありますがどんなアンケート調査でもだいたい以下のような能力が修得できると留学経験者は答えています。

 

「国際感覚・異文化適応能力」「コミュニケーション能力」「積極性」

「忍耐力・我慢強さ」「幅広い視野」「外国語能力」「判断力・決断力」

gf

言語も文化も違う異国の地で、学校に通ったり働いたりすることを想像してみてください。はじめて飛び込む世界で初めて会う人と身振り手振り、筆談を用いて意思疎通を繰り返す「コミュニケーション能力」が磨かれていきます。語学学校に行けばその手段の一つである「外国語能力」も学べます。生活するだけでも、慣れ親しんだ日本と違いカルチャーショックの毎日のため「国際感覚・異文化適応能力」「忍耐力・我慢強さ」が増し、いろいろな角度から物事を捉える「幅広い視野」が養われます。受け身で待っているだけでは何もできず、何をどうするか決めるのも自分です。「積極性」「判断力・決断力」が身に付きます。参考データを一つ紹介しておきます。(左図) 厚生労働省:海外就業体験とキャリア形成に関する調査研究報告書より(2004)

次のページでは採用選考時に重要視される能力を説明します。

次のページyajirushi-2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 留学エージェントU23 All Rights Reserved.