自分で企画して自分で手配する自分で作る留学を応援するオンライン無料留学エージェント
the_title

出国手続き

 

1. 搭乗手続き (Check-in)

空港の航空会社のカウンターでパスポートと航空券(=Eチケット)を提示し、搭乗券(Boarding Paass)を受け取る。

スーツケースなど大きな手荷物を預け、引換証(Craim tag)を受け取る。

窓際や通路側など席に希望がある場合はここで相談する。

パスポート、航空券、ビザは必ず機内に持ち込み預け入れ荷物にいれない。

 

2. 手荷物検査 (Security Check)

機内持ち込み手荷物をX線検査を通し、自分は金属探知機をくぐり、ボディチェックを受け、危険物を所持していないかを調べる。このとき、コンピュータ、iPad, スマートフォンなどはバッグから出す必要がある。

海外旅行・留学持ち物ガイド:機内持ち込み?お預け手荷物?yajirushi-2

 

3. 税関 (Customs)

貴金属や免税品などのチェック。

一般旅行者は特になにもないはず。

 

4. 出国審査 (Immigration)

パスポートと搭乗券をみせる。

 

5. 検疫 (Quarantine)

「国際予防接種証明書」が必要な国への渡航者は検疫チェックを受ける。ほとんどの先進国では必要ない。

 

6. 搭乗 (Boarding)

出発時刻の20〜30分前には搭乗口ゲートで待機する。

ラウンンはここで使う。ラウンジや買い物や食事をしていたお店から搭乗ゲートの距離を確認して遅刻しないように。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 留学エージェントU23 All Rights Reserved.