自分で企画して自分で手配する自分で作る留学を応援するオンライン無料留学エージェント
the_title
ホームステイの食事について

 

ホームステイの食事もホストファミリーによって条件が異なります。3食の場合も朝食、昼食は冷蔵庫にあるものを自由に使って自分で用意してもらうことが多いです。

 

食事回数
内容
こんな人におすすめ
食事なし
食生活の違いを不安に思う人も多いので、食事無しのホームステイも最近人気があります。この場合、自分で買い物に行って、食事の用意をして、ファミリーと作りあいっこしたりするのもいいです。 食事は自分で用意したいという人向け。
2食付き
朝食・夕食付き。
朝食はホストマザーが作ってくれる場合もありますが、基本的に自分でシリアルやトーストを焼いて食べる形が多いです。ランチは材料を自分で購入して自分で作って学校に持っていくか、学校周辺で購入。
昼食は外食または自分で好きなものを用意したいという人向け。
3食付き
ランチはサンドイッチやレフトオーバー(前の日の残りもの)などを作って持たせてくれる家庭もあれば、冷蔵庫から自分で好きなものを持っていく場合と家庭により様々です。3食付きでも土日は朝食と昼食が一緒のブランチとなる家庭が多いです。一般的に、ランチを毎日外で購入するより食費を安くおさえられます。 昼食も用意してほしいという人向け。

 

カナダのホームステイの料理の特徴

・日本の食文化は世界トップクラスで、みなさんの口にもあっておいしいということを覚えておいてください。カナディアンの食事は、一般的に日本に比べ夕食でも品数が少なく、質素なことが多いです。

・ホストファミリーのバックグラウンドにより、イタリア系やブラジル系など移民の国ならではのいろんな国の料理を楽しめることもあります。みなさんもお返しに日本料理を作ってあげるといいでしょう。

・具体例を挙げると、ホットドックやハンバーガー、鶏肉、豚肉、牛肉のメインにサラダやスープがついたり、パスタやピザなどのイタリアン、中華、ギリシャなど家庭によって様々です。日本のように毎日米を食べることはなく、ポテトやパンなどが多いです。

 

ホームステイでの食事に対するアドバイス

・食事の後は、自分で食器を洗いましょう。

・冷蔵庫の中身を使って料理したい時は必ずホストファミリーに許可を得ましょう。後片付けもきちんとしましょう。

・食べられないものが出てきた時は、その旨を伝えましょう。

・宗教や思想上の理由で豚肉は食べられないとか、ベジタリアンの人もいます。相手の考えを尊重し、受け入れるようにしましょう。自分がベジタリアンの場合も事前に申し出てください。

・3食プランの場合、ランチを食べに家に帰るのではなく、ホストファミリーがランチを持たせてくれます。ほとんどの生徒さんが同じようにランチを持参しますので、教室内や、学校のラウンジエリアで一緒に食べる方が多いです。

・2食プランの場合、ランチは日本のようにコンビニで100円でおにぎりを買う、ということができないため、毎日学校周辺で何か購入する、となると3食プランより割高になる可能性が高いです。目安として、サンドイッチ1個買うのに消費税を入れると$5〜$8くらいです。

・学校によりますが、お昼休みは45分〜1時間程度です。2食プランにする場合、外に食べに行くにもかなり時間が制限されますのでご留意ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 留学エージェントU23 All Rights Reserved.