自分で企画して自分で手配する自分で作る留学を応援するオンライン無料留学エージェント
the_title

tip-ca日本にはない習慣なので慣れるまでは難しいが、カナダではサービスを受けたらチップを払うのがマナー。商品やサービスの10~15%が目安。

 

レストラン/カフェ/バー(テーブル)

席で生産することがほとんど。帰り際に机の上に置くか、支払いの際にお釣りはいらないとチップで含めた額を渡す。クレジットカードで支払う場合はチップを記入する欄があるので自分で書く。バーでお酒を飲む際、注文ごとに支払いするときは$1を目安にその都度チップを払う。フードコートやコーヒーショップなどではチップは不要。

 

美容院/ネイルサロン

支払い前にチップを含めて支払う。チップは担当者に渡されるので、担当してくれた人に直接渡す必要はない。

 

タクシー

下車の支払い時にチップを渡す。トランクに荷物を運んでもらうなど荷物が多い場合は気持ち多めに。

 

ホテル

枕元に1人$1を目安に置く。毎日置いても良いし、最終日にまとめておいても大丈夫。

 

チップは自分が満足すればいくら渡してもよい。レジの隣にチップのカップがおいてあるのでそこにれてもよい。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 留学エージェントU23 All Rights Reserved.