自分で企画して自分で手配する自分で作る留学を応援するオンライン無料留学エージェント

留学用語辞典

  • HOME »
  • 留学用語辞典
the_title
用語
意味

アクティビティ

Activity

スクールの放課後や週末に行われる課外活動のこと。観光やパーティーなどさまざまなアクティビティがあります。無料で参加できるものと有料のものがある。

カレッジ

College

カレッジというと、短大、 単科大学、専門学校と日本語に訳せば誤解を招きやすいが、海外で「カレッジ(=College)」と言えば、通常コミュニティー・カレッジ(=Community College)を指す。日本の短大とは性質が異なり、準学士号を取得する「大学」ではなく、どちらかというと日本の専門学校に近く、大きく分けて、アカデミックコースと職業訓練コースがある。

ディプロマ

Diploma

サーティフィケイト

Certificate

両方ともその学校・コースの修了証書のこと。高校やコミュニティー・カレッジなどの場合、1年間でサーティフィケイト、2,3年でディプロマがもらえるが、その違いの規定はなく、3ヶ月でディプロマがもらえる学校もある。「資格」ではなくあくまでも、必要単位を取得すればもらえるその学校の「修了証書」なので、どの学校のディプロマかによって価値が全く違う。

例えば、有名なハーバード大学のMBAのディプロマは非常に難しく世界中どこでも価値があるが、極端な話無名の私立学校のMBAならお金を出して通えば誰でも取得できる。実際そのような学校もある。

TESLやTESOLに関しても、日本語訳によって教師の免許と宣伝している場合もあるが、誤解のないように注意してほしいのは日本の教員免許のように国家資格ではない。州や国が認めるディプロマを同時に取得できるコースの場合、複数のディプロマを取得することができる。

履歴書に書くためにディプロマが欲しいという人をみかけるが、見る人が見れば価値があるものかないものかは一目で分かる。もちろんこの事実を知らない人に見せれば凄いもののように見せることもできるが。いずれにせよ宣伝文句で決めず、そこで自分が何を学べるのかを考えた方が良い。

デポジット

Deposit

デポジットは、

日本語に訳すと預かり金、保証金と言った意味。携帯電話や家賃、レンタルなどさまざまな契約の最初に必要。一般的に、現金またはクレジットカードで預け入れし、契約終了後に返還される。

リファンド

Refund

返金とか返品のことで、スクールのリファンドポリシーと言えば、返金規約を意味する。余談だが、カナダでは日本より柔軟に返品や交換ができ、例えば一度開封して使用した服や電子機器でも気に入らなければ返品や交換できる場合が多い。

レジスター

Register

登録のこと。プログラムやアクティビティの登録時によく使われる。ほぼ同じ意味で使われる言葉として、アプライ(Apply)=お申し込みという言葉もある。

ワークショップ

Workshop

セミナー、研修、勉強会のようなもの。スクールの放課後にワーキングホリデー向けにレジュメ作成のワークショップ、ランゲージエクスチェンジ、ホッケー講座など様々なワークショップがある。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 留学エージェントU23 All Rights Reserved.