自分で企画して自分で手配する自分で作る留学を応援するオンライン無料留学エージェント
the_title

海外旅行・留学に持っていくべきか、持っていかなくてよいか、迷いがちな物を仕分け。

 o triangle x

必ず持っていくものはこちら

 

デジタル

電気製品は日本の方が品質もよく安いことが多いので必要なものは日本で購入していくのがよい。

国際携帯電話(レンタル)

簡単さを重視するなら日本でレンタルするのも良い。費用重視なら現地で購入またはレンタルした方が圧倒的に安い。

日本の携帯電話のローミングを、日本と同じような感覚で使っていると10倍以上の通信費用がかかることもあるので注意。

国際ポケットWi-Fi

携帯電話と同様、必要なら現地で。

 

ビューティー・ヘルス

現地でも購入できるものがほとんどだが、こだわりがある場合は日本から持っていくとよい。

ドライヤー

こだわりがなければ荷物になることや故障時のことも考慮して現地でも購入するのが良い。持っていく場合は渡航する国で使えるか電圧を調べる。

変圧器・変換アダプタガイドyajirushi-2

ヘアアイロン

ドライヤーと同様。

サングラス

海外は紫外線が強いことが多い。現地でも購入できるが、気に入ったデザインのものを入手するのは難しいかもしれないのでよく使うなら持っていくとよい。

爪切り

現地でも購入できるが小さいものなので長期滞在する人は持っていっておくとよい。

機内持ち込みできないので注意。

耳かき

綿棒はあるけど耳かきは海外で入手困難なので軽いし持っていくとよい

洗顔フォーム

だいたいの国で購入できるが自分の肌に使い慣れたものが良いと持っていく人もいる。

機内持ち込みできないので注意。

日焼け止め

現地でも購入できるが使い慣れたものが良ければ持っていく。

機内持ち込みできないので注意。

虫除けスプレー

季節・地域によっては持参すると便利。だいたい現地でも購入できる。

機内持ち込みできないので注意。

ホッカイロ

防寒対策に持っていくと便利。日本ほど簡単に現地では手に入らないことが多い。

マスク

花粉症で心配な方は持参すると良い。世界的に見て日本の街でのマスク着用率は以上に高い。

蚊取り線香

季節・地域によっては持参すると便利。

リップクリーム

だいたいの国で購入できるが小さいし使いなれたものが良ければ持っていくとよい。

ハンドクリーム

冬の時期はマストアイテム。現地でもその国ならではのハンドクリームがそろうが、日本で使い慣れたものも持っていくとよい。

詳しくはU23ブログでも案内中。カナダ留学であると便利アイテムyajirushi-2

サプリメント

慣れない海外の食事で栄養のバランスも崩れがちなので持っていく人もいる。

 

ファッション

日本ほどファッショナブルな国は珍しい。サイズ、流行も含め気に入った服を海外で探すのは難しいかもしれない。しかし、土地柄に合わせたファッションをするのもセンスの見せ所で、お土産にもなるので現地で購入するのも良い。こだわりがある場合は持っていく。

浴衣

イベントなどで着る機会がありそうなら持っていくと、海外でも着物は有名で浴衣は人気の的。

コスプレ

ハロウィンの衣装は現地でも購入できる。ちょんまげや舞子さん、日本のアニメキャラクターは日本でしか手に入らないのでこだわりがある人は荷物になるが持っていって現地の人にプレゼントするのもよい。

ヘアバンド

現地でも購入できる。洗顔時にも活躍。

シュシュ

日本のものはお洒落。

高級ブランド品

できるだけ控えよう。どうしても持っていく場合は、盗難・紛失・故障のリスクを覚悟の上で。

 

日用品

ビニール袋

何かと便利。

洗濯洗剤

現地調達できる。石けんでも代用可。

洗濯ロープ

現地でも購入できるがあると便利なシーンも。

ハンガー

荷物になるが洗濯したりスーツをかけるのにあると便利。

食器洗剤

現地調達できる。

割り箸・使い捨てのカップ・お皿

現地でも調達できる。あると便利なシーンも。

コンパス

道に迷ったときや地図を見る時に大活躍。

アーミーナイフ

アウトドアが多い人はあると便利。

機内持ち込みできないので注意。

懐中電灯

灯りがない場所もあるのであると便利だが、家に置いてきたなど必要な時にないことが多い。

双眼鏡・オペラグラス

旅行の目的によっては持っていくと便利。

 

食品

食品類は税関で没収されるリスクがある。海外で日本の常識は通用しない。何もするにも日本のように正確でスムーズでもない。極端な話、持ち込み可能のはずと主張しても税関がNoと言えばNo。格闘して持っていく価値があるか考えよう。

持っていっても食べないことも多いが、日本食がどうしても恋しくなると持って行く人もいる。

インスタント食品(ラーメン・スープなど)

現地でもだいたい手に入る。日本ほど味が優れ低価格で豊富な種類はない。

調味料

現地でもだいたい手に入る。日本ほど味が優れ低価格で豊富な種類はない。

缶詰

現地でも購入可能。どうしても食べたい日本食品がある、遭難の恐れがあるエリアへ行く場合を除きあまり必要ない。

 

 

その他

楽器

ミュージシャンにとって命の楽器は持っていきたいところだが、紛失・盗難・破損のリスクを考えると、本当に大切なものであればあるほど日本で保管するのがよい。しばらくの間は、現地で違う楽器を体験するのも音楽の幅を広げるチャンス。

スノーボード・スキー板

愛着のあるボードで憧れの地で滑りたい人も多いと思うが、移動の困難や破損のリスクを考えると、現地でレンタルまたは現地で購入を考えたほうがよい。

スパイク

サッカーシューズは現地でも購入できる。現地では裸足でサッカーをするブラジル人もいる。

ペット

愛する家族の一員と離れるのはつらいが、フライトや慣れない土地での生活はペットにとってストレスどころか、生死にもかかわるので、本当にペットのことを思うなら連れていかない。

 

*上記にない持ち物があればお問い合せください。みなさんからの質問があった荷物を随時仕分けして掲載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 留学エージェントU23 All Rights Reserved.