自分で企画して自分で手配する自分で作る留学を応援するオンライン無料留学エージェント
the_title

航空券専門用語

【往復:OPEN(オープン)チケット】

復路の日程を決めないで出発できるタイプの航空券。最高で1年間有効なものがあります。(○○日間有効チケットとも言う。)また、FIXOPEN(フィックス・オープン)というタイプもあり、予約時に帰国日の指定が必要ですが、現地で便を変更ができるチケットのことです。(ただし、変更の際に変更手数料が必要)これらのチケットは、3ヶ月以上1年未満の留学、ワーホリ向け。

例:東京ートロント往復1年間OPENチケット¥150,000  
 :東京ートロント往復6ヶ月間有効チケット¥130,000

メリット
 ・期間内で空席があればいつでも帰国できるので帰りの便の心配をしなくてもいい。
 ・帰国がピーク期でも、便があいていればピーク期の追加料金がかからないので、お得な場合がある。(ただし、変更手数料や週末料金などはかかる)

デメリット
 ・購入した経路の変更はできない。
 ・格安航空券に比べて割高になることがある。
 ・購入の際に復路の日付を仮で決めなければならないが、予約時から11ヶ月後までの日付しか設定できない。
 (そのため、たいていの場合変更手数料が発生する。)

こんな人向けのチケット
 ・1年間ワーホリを考えている人。
 ・3ヶ月以上1年未満の留学を考えている人。
 ・入国時と同じ都市から帰国を予定している人。

【往復:FIX(フィックス)チケット】

普通「○○日FIX(フィックスと読みます。)」と表示されています。
これは、○○日と書かれた日数の間有効な往復航空券で(例えば30日FIXであれば30日間有効)、出発前に全便の予約を確定しておく必要があります。また、予約変更はできないというのが一般的です。
このチケットは短期旅行・留学向け。
  例:東京ートロント30日FIXチケット¥80,000

メリット
 ・OPENチケットより価格が安い。

デメリット
 ・規則が厳しい(変更不可・有効期間あり・払い戻し不可など)

*復路放棄(復路破棄):格安航空券の復路を無断で放棄する(使用しない)というのはあまりおすすめいたしません。実際にそのような方法をとる方もいらっしゃいますが、ワーホリや学生ビザで入国する場合、入国審査で引っかかる可能性もありますし、また後日購入した旅行会社や航空会社から正規運賃との差額を請求されてしまう場合があります。

【片道チケット】

文字通り片道だけのチケット。いつ帰国するかわからない。旅行して帰る予定の人向け。
  例:東京ートロント片道チケット¥60,000

メリット
 ・帰国日を現地に行ってから決められる。
 ・1年以上の滞在が可能。
 ・帰国日や、帰国のルートは現地で決められるので、延長や旅行しながら帰国も可能。

デメリット
 ・費用面で往復分を考えると高くなる場合が多い。
 ・現地で帰りのチケットを手配しなければならない。
 ・入国時に資金証明が必要。

【直行便・経由便・乗り継ぎ便】

それぞれのチケットにどういうルートで行くか下記のパターンがあります。

【直行便】

どこにもよらず、ノンストップで目的地まで行く。
  例:成田ートロント直行便

【経由便】

最終目的地まで便名は同じだが、いくつかの空港に寄る。

【乗り継ぎ便】

途中どこかで乗り換えをして、便名も変わるのは乗り継ぎ便。
  例:福岡ーアトランタートロント

 

航空券の種類による用語

航空券のディスカウントは、正規割引航空券(PEX運賃)・格安航空券の2種類があり、時期・条件によって価格も変わってきます。自分にあったものをお選び下さい。

【正規割引航空券(=PEX運賃)】

IATA(国際運送協会)が認可した割引航空券。すべての航空会社も利用可能なIATA PEX運賃や、航空会社によって価格の違うZONE PEX運賃、また各航空会社が設定する運賃でも前売りタイプで安いAPEX運賃がある。後述のもの程安い価格設定になっているが、その分滞在可能日数や変更などの規則は厳しい。
 例:ANAの「エコ割」、 JAL「ダイナミックセーバー」等

メリット
 ・航空会社を選べる。
 ・キャンセル待ちがまわってきやすい。

デメリット
 ・規則がゆるいものほど高い。反対に安いものは規則が厳しい。(変更不可・有効期間あり・払い戻し不可など)
 ・出発日より一定期間前に予約および支払いを終了しなければならないものが多い。

【その他の格安航空券】

個人や団体などのツアー用の航空券を旅行会社が航空券のみで販売しているもの。航空会社から直接買うことはできない。上述の割引航空券に比べて、販売の旅行会社ごとに価格やキャンセルの条件が大きく違ってくる。あくまで本来はツアー用の料金のため、片道利用は絶対不可。

メリット
 ・値段が安い。

デメリット
 ・航空会社未定の場合が多い。
 ・規則が厳しい。(変更不可・有効期間あり・払い戻し不可など)
 ・出発前のキャンセル料が高い。

その他の航空券専門用語

【ストップオーバー】

目的地までの途中立ち寄った乗り継ぎ地で一時滞在、正確には24時間以上滞在すること。

【オープンジョー】

行きの到着地と帰国便の出発地が違うタイプの旅行のこと。例えば行きはトロントについて、帰りはニューヨークから帰国するといったもの。

【周遊型】

複数を巡ることの出来る航空券で、一都市単純往復の航空券で出かけて現地で買い足すよりは割安になりますが、ルートを変更できません。

【トランジット】

乗り換えや経由のために空港に一度降りること。機内から出て空港内のトランジットエリアで待つのが一般的。

【エンドースメント】

格安航空券やペックス運賃の航空券では、券面に「NOT ENDOUSABLE」と表示されています。これは他の航空会社に振り替え(変更)は出来ないという意味です。

【リコンファーム】

次に乗るフライトや帰国便の予約を再確認すること。出発の72時間までに済ます必要があり、怠ると席がキャンセルされてしまうこともある。ただしリコンファームが必要ない航空会社もあり、購入した旅行会社に確認しましょう。

【コードシェア】

一つの便を2つの航空会社が共同で運航しており、共同運航便ともいいます。便名はAC●●とエアカナダの便名になっていても、飛行機と乗務員は他の航空会社ということがあります。その場合、搭乗手続きも他の航空会社のカウンターになる場合があるので、事前に確認しましょう。

【Eチケット】

従来の紙の航空券を発行せずに、航空券の予約、発券データなどを航空会社コンピュータ上で管理するもの。チェックイン時にはEチケット控えとパスポートを提示する。航空券を携帯する必要も紛失することもない。

【燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)】

原油価格高騰に伴い設定された追加運賃。原油価格の変動によって、各航空会社ごとに値上げや値下げが行われているため、航空会社によってその金額は異なり、常に変動しています。この追加運賃は航空券購入時に航空券運賃、空港使用料などとともに請求されます。航空券を予約する際は、必ずお支払いの前に燃油サーチャージや空港使用料などを含めた合計の金額を確認しましょう。

 

海外航空券のお見積り

下記フォームよりお問い合わせ下さい。

U23提携旅行会社IACEトラベルの専属スタッフより、日本からカナダまでの留学生に最適な航空券をご案内します。カナダにもオフィスがあるので現地で旅行の際にもご利用ください。航空券の契約は旅行会社IACEと直接ご契約ください。

U23提携旅行会社

株式会社アイエシイ・トラベル(IACE TRAVEL) 新宿支店
〒163-1090 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワーB1階
TEL:03-6890-4230

航空券のお見積りをする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 留学エージェントU23 All Rights Reserved.